裏返しも表替えもお任せください

「畳が古くなったので替えたいが、丸ごと替えないといけないのか」「表替えとか裏返しという言葉をよく聞くが、どう違うのか」「畳の張替えの相場が分からない」など、私共には畳に関するご相談やご依頼を頂いております。畳は10年で新調していただくのが目安です。その間は、新しい畳を購入する必要はありません。芯となる畳床はそのままお使いいただき、3年で裏返し、5年で表替えをされることをおすすめします。新しい畳表は両面同じ色をしていますが、使い込むにつれ、裏側は表側に比べて光を受ける量が少ない分、褪色が遅くなります。そこで、まだ裏側がきれいなうちに裏返しをしていただくと、1枚の畳表をきれいに長くご使用いただけます。表替えは畳床はそのままで、畳表を新しいものに替えることをいいます。色が悪くなったり、破れたりしたら表替えをおすすめします。
カーペットなどで目隠しをされる方もおられますが、それが長期にわたった場合、畳の調湿機能を妨げることから、畳床を傷め、カビやダニの発生原因となります。私共では畳に関する様々なお悩みに対応いたしますので、ぜひご相談ください。畳の張替えの相場ですが、私共では裏返しは1帖3000円から、表替えは1帖3500円からとリーズナブルな価格設定となっています。畳の張替えの相場は素材によっても違いますが、高級なものをお望みの場合はやはり価格も少し張ります。ご予算に合わせてご検討ください。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼