福井市対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社浅野住建ホーム
有限会社浅野住建ホームは福井にて数々の住宅リフォームを手がける会社として知られています。その業務の中に張り替え作業があることも知られており、日々多くの作業を行っています。例えば網戸です。この網戸は意外と皆さまも注目されない場所ですが、室内に入ろうとする虫を止める機能があるので意外と大切です。和紙でできた障子は非常に破れやすく、年末の大掃除などで張り替えられるくらいかもしれませんが、和室にとって大切な雰囲気を作るので破れたままにしておくのは見栄えが悪くなります。襖も同じく破れたままにしておくと、和室の雰囲気が悪くなるでしょう。畳も同じです。有限会社浅野住建ホームは皆さまの網戸の機能や和室の雰囲気を取り戻すために張り替えを行っています。リフォームを行っているので家の仕組みには詳しいので、窓枠での作業や和室での作業も手慣れたものです。素早く確実な作業が期待できます。
について

福井市の内装工事業者数は?張り替えについて

福井県の県庁所在地である福井市には、現在約26万5000人の人が住んでいます。この福井市は国から特例市の指定を受けているのですが、他の都道府県と同様に、人口の高齢化で頭を悩ませています。しかし、少子高齢化が叫ばれるようになって久しい現在においても、福井市内では次世代を担う新しい生命が誕生しています。子供が生まれたら、カントリー調の可愛らしい洋間で育てたいと望む人が少なくありませんが、子育てに最適なのは和室です。和室には畳やふすま、障子などが据え付けられていますが、これらの建具や床材は、やんちゃ盛りのお子さんをうっかり事故から守ってくれます。フローリングの床の上で転ぶと思わぬ怪我を負ってしまうおそれがありますが、畳は柔らかいので子供が転んでも安心です。子供がふざけて窓ガラスに激突してしまうこともありますが、窓ガラスの前に障子が立ててあれば、それがクッションの役割を果たしてくれます。また、洋間の扉に指を挟んでしまうと、最悪の場合、指が切断されてしまいます。でも、ふすまに指を挟んでもそのようなことは起こりません。ですので、できるだけ安全な環境で子供を育てたいと考えているのであれば、和室で生活するのが一番です。とはいえ、幼い子供は動きがとても活発ですから、障子やふすまを破ってしまうことが多いですし、畳表をあっという間にボロボロにしてしまいます。そのままにしておくととても見栄えが悪いので、内装工事業者を呼んで、張替えるようにしてもらった方がよいです。2015年時点で、福井市内で営業している内装工事業者の数は86軒にのぼっていますので、割りと簡単に内装工事業者を見つけ出すことができます。業者を呼んで障子やふすまを張替えてもらったとしても、すぐにまた子供に破かれてしまうので意味がないという人がたまにいます。しかし、破れにくい障子紙やふすま紙が出ていますので、そのような紙に張替えてもらうという方法を取ることができます。ちなみに、非常に耐久性の高い畳表も出回っていますので、内装工事業者に相談してみるとよいです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼