2016.05.23更新

和室の温かみを維持する為に

少し前の時代ですと、日本らしさが残るお屋敷の様な家が日本中に多く建てられておりました。しかし築年数が長くなるなどの理由もあり、和風では無く洋風造りの住宅へと建て替えが進み、日本らしさの残る住宅は大きく減少しました。しかし和室の需要が無くなったかというと、そうではありません。一見洋風の住宅でも、一室だけ和室にリフォームした方も多く居られますし、今も日本らしい古風な家で生活している方もいます。日本の古き良き住宅から感じるあの温かみは、やはり畳の存在があるからなのです。冬場も冷えたりする事はありませんし、い草の香りに妙な心地よさを感じる事もできるでしょう。障子やふすまも、和室には絶対欠かせないもので、これら全てが揃って和室という最高の癒しの空間が完成するのです。しかし和室は時間の経過による劣化や汚れが目立ちやすく、特に畳の隙間などにはダニも多く潜んでいます。障子はとてもやぶれやすく、小さな子供やペットのいたずらの対象にされやすく、弱い力でも簡単にやぶく事ができますし、掃除の際に手元が狂ってしまうだけでも破れる事があるので注意しなければいけません。和室の温かみを維持する為には、張替えがお薦めです。障子の張替えやふすまの張替えは大変なので、業者に依頼して綺麗にしてもらうといいでしょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼