2013.12.14更新

唐紙に使われる技法

襖は「唐紙障子」とも呼ばれ、障子と同じように和室の雰囲気に合った建具ですが、障子という言葉は中国伝来で、「ふすま」という言葉は日本人の命名です。
『唐紙』とは、よく襖に用いられる加工紙のことなのですが、襖に貼られる加工紙・『唐紙』には、様々な技法が使われているのです。

■きらら(きら)
■絹篩
■空摺り
■利久摺り
■月影摺り
■蝋箋・ 墨流し
■揉み紙

模様を浮かび上がらせるための手法や、知恵、質感をよくするものなど、古くから使われている技法が現在も活きているようです。
これらを再現した安価な襖紙も近年販売されている場合もありますので、それらへの張り替えも、張り替えのプロにご相談ください。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼