2016.06.28更新

愛される和室を守るためにも

日本で昔から残り続けている文化の一つが、和室です。近年の住宅はフローリングの洋室などがある戸建住宅が多く建てられており、瓦で造られた屋根の家の数も昔と比較して減ってしまいました。しかし今でも和装の住宅を好む方も多く居られ、現代の技術を駆使して作られた新築の和装住宅も建てられているのです。ご自宅をリフォームしたという方でも、和室はそのまま残しているという方々も多く居られるので、まだまだ日本の文化は多くの日本人に愛されています。しかし、そんな魅力的な和室であっても、畳や障子、ふすまの劣化を避けることはできません。障子やふすまは経年劣化で日焼けするものですし、素材の都合上破れやすいので綺麗に保つのは非常に困難です。畳も時間の経過で劣化するだけでなく、隙間にダニなどの害虫が潜んでいる恐れもあります。また、畳が傷んでくると破片が散らばりやすく、小さなお子様やペットの口に入ると大変危険です。そのため、綺麗な和室を保ち続ける為にも、畳の張替えや、ふすま・障子の張替えを忘れずに行わないといけません。和室を綺麗にしておくと、家族にも来客にも喜ばれるお部屋にすることもできるので、充実した毎日を和室で過ごせるようになるでしょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼