2015.08.07更新

暑い夏は和室で過ごしましょう

暑い夏がやってきました。高温多湿の日本の夏はジメジメしてとても気持ちが悪いもので、夜も寝苦しいことが多いかと思います。そんな夏には、是非畳のある和室で過ごされることをお薦めします。それは何故か。畳は「い草」という植物が使われているのはみなさんもご存知のことでしょう。このい草、日本ころが「吸湿性」と「放湿性」に優れてにおける主な産地は熊本県八代地方で、国産畳表の実に8~9割のシェアを誇っています。さて、このい草の最も優れているといることにあります。い草には無数の気孔があり、湿度が高い時は湿気を吸い、乾燥して湿気が少ないときは逆に内部の水分を放出してくれる機能があります。このい草の機能のおかげで、夏、ジメジメした湿度を適度に吸収してくれるので、同じ気温でも和室に入った時の方が少しヒヤッと感じることができるのです。またい草には独特の香りがありますが、別名「灯心草」と呼ばれ漢方では鎮静薬としても用いられるくらい、い草の香りには鎮静効果があります。い草の湿度調節効果、鎮静効果、これらが揃っている和室で暑い夏を乗り切ってみては如何でしょうか。古くなった畳の張替えは本サイト「張り替え110番」にご相談ください。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼