2016.07.27更新

梅雨時期は障子の張り替えに最適です

木造の家屋で部屋と部屋を仕切るために障子を利用されているご家庭は現在でも少なくはありません。扉や窓で用いられる建具として、古くから日本の人々に愛され、馴染まれてきた障子は、平安時代から存在していたと言われています。そんな障子ですが、張り替えに適した時期があります。それは、「梅雨時期」です。一見、梅雨と言えば湿度も高くじめっとしているため、張り替えに不向きとも考えられますが、障子紙は湿気で伸びるため、張り替えには適しているのです。障子は通気性や吸湿性に優れているため、この時期に張り替えておくことで不快な思いをせず、快適に過ごすことが出来ます。室内冷房を稼働させている場合は、冷気を外へ逃がさない特性も発揮します。また、薄暗い日本家屋の室内に、優しく太陽光を採りこんでくれることも障子のメリットの一つです。ただ、障子紙が破れてしまえば障子の優れた効果を発揮させることが出来なくなってしまい、美観も損ねてしまいます。また、破れていなくとも、個人で張り替えを行われた際にしっかりと張り替えられていなければ、それだけで障子の効果を得ることは難しくなってしまいます。これからの時期を快適に乗り切るためにも、障子の張り替えの際には業者に依頼されてもよいかもしれません。多くの経験と熟練した技を活かし、あなたの生活を一変してくれるでしょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼