2015.08.28更新

機能性に優れた障子

今の住宅事情を見ていると、洋風なスタイルが大半を占めていて、和室はどちらかというとオプション的存在。そのため、和室があるというご家庭はそれほど多くはないのかもしれません。しかし、旅などに出かけて、畳や障子、ふすまなど日本風な造りの旅館で過ごすと、やはりどこか落ち着く気分になります。最近では外国人の方がその気持ちがわかるようで、あえて和室で寝泊まりしようとする人も多いと言います。さて、そんな和室の魅力はいくつかあるのですが、今回は「障子」を取り上げてみましょう。和室の窓と言えば障子が付き物ですね。障子は、格子状に組まれた木の桟に和紙を貼った、昔から日本家屋で使われている建具の一つです。障子の魅力は「採光性」「断熱性」「通気性」「調湿性」といった機能に優れているということでしょう。まずは採光性。和紙を使っていることもあり、光を遮るでもなくかと言って完全に透過させるでもなく、適度な明るさの光を通してくれます。障子の断熱効果は厚手のカーテンにも相当すると言われる一方、目に見えない小さな穴があるので適度に空気も通すという通気効果もあります。また和紙であるので、水分を吸ったり吐いたりなどの調湿機能もあり、空気中の埃やニコチンなども吸収してくれると言います。このような沢山の機能性に優れた建具は他にはありません。そのため長い間私たちの生活に定着しているのでしょう。ところで、この障子の機能を維持するには、1年に最低1回の張り替えがお薦めです。障子の張り替えは本サイト「張り替え110番」までお問い合せください。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼