2016.06.01更新

畳と健康

畳は日本的な落ち着いた雰囲気を持っている床材として近年再び注目されるようになり、現代的な新築物件にも取り入れられる機会が増えてきました。ですが、畳が日本の建物に古くから使用されてきた理由は、そうした見た目の魅力によるところだけではありません。畳はそこにあるだけで近くにいる人間に様々な効果を与えてくれるのです。 畳の効果の源は使用されている材料である”い草”にあります。天然の植物であるい草は空気中の二酸化炭素を吸収し、畳のある室内の空気清浄を行っているのです。また、い草の発する香りはアロマセラピーの効果があるもので、心身のリラックスに良い効果があると言われています。そして、人の生活に最も大きな効果があるとされているのが、い草による湿気の吸収・発散です。特に日本では四季の変化や梅雨の影響によって、室内の湿度も日々変化していきます。い草はその水分の吸収・発散を繰り返すことで、1年を通して室内の環境を一定の状態に近づけてくれます。急な気候の変化は人が体調を崩す大きな原因ですから、目に見えないい草の働きは健康管理の強い味方になってくれます。こうした畳の有効な働きを最大限活用できるよう、今使用している畳にも適切な畳替えなどの手入れを行って、長く大切に使っていきましょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼