2015.12.11更新

畳と空気

畳のある和室などには爽やかな空気感があります。これは畳の外見的な雰囲気によるものだけではなく、実際に畳が室内の空気環境を調整している為なのです。畳は部屋の空気に深い関係性を持っています。 い草などの天然の植物素材でできた畳は常に呼吸をしており、その時に部屋の湿度が高ければ水分を吸収し、湿度が低ければ吐き出します。これによって室内の湿度を40%前後の快適な状態に保っているのです。また、畳は空気を多く含む性質から、呼吸の度に部屋のホコリを吸い込んでくれる力があり、吸音効果にも優れています。こうして湿度、ホコリ、音などの環境が整えられることで、畳の部屋には独特の空気感が生まれているのです。 しかし、それらの効果を持つ畳の力にも限界があります。極端な高湿度に置かれ続けたり、強い日差しに長く晒されれば劣化が進み、空気調節の機能も低下します。ですから畳の部屋を長く快適に維持するためには定期的に畳の張替えを行うなど手入れが必要です。畳の張替えと言っても大掛かりなものばかりでなく「裏返し」などの比較的簡単にできる畳の張替え方法もあるので、気がついた時に行うだけでも畳の効果を長持ちさせ、快適な空気環境を維持することが可能になります。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼