2014.03.09更新

畳のサイズ

畳には四つのサイズと名前で分けられています。 サイズによって使われる用途は変わりますので、畳の張り替え時には気をつけてください。 一つ目は、本間間(ほんけんま)横95.5×縦191センチ、または京間長さ6.3尺あることことから 六三間とも言われ、近畿地方の京都、大阪、紀州から中国、四国、九州に多く、一般的に京間(きょうま)と呼ばれています。 二つ目は、五八間(ごはちま)横88×縦176センチ、長さ5.8尺あるので、関東や東北、北海道など東日本の大部分を占めて いますが、現在ではほとんど全国的に散在しており、俗称として江戸間(えどま)や田舎間(いなかま)と呼ばれており、 京間と並び代表的なものです。 三つ目は、三六間(さぶろくま)横91×縦182センチ、巾3尺で長さが6尺が語源と言われています。 名古屋や岐阜など東海地方を中心に、福島や山形、岩手や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島に分布されています。 最後は団地間(だんちま)横85×縦17センチ、五六間とも言われており、長さが5.6尺位で近年は新築された家屋に多く、 特に団地にに多く使用されています。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼