2016.06.17更新

畳の張替えで素敵な和室を

最近では住宅の全体がフローリングとなっている住宅が多くなってきましたが、一方で親しみのある畳のお部屋も根強い人気があります。お客様が訪れる可能性があるお部屋では、布団を敷くという場合を考えると畳でなければとお考えの方も多いでしょう。畳は古くなって傷んできた時には張替えの必要がありますが、フローリングには無い温かみがあり、クッション性もあるためひと部屋は畳の部屋が欲しいというお声も多く聞かれます。リビングの一角だけ畳にしてあるというマンションも見られます。畳の張替えを行うと、新しいい草の香りときれいな表面がとても気持ちの良いものです。張替えの際には畳縁(たたみべり)を今までのものと少し変えてみてはいかがでしょうか。畳縁は畳の補強のために付けられている部分です。この畳縁の歴史をみてみると、身分によってその用いられる色や素材がしっかりと決められていました。現在でも、神社仏閣の畳などには決められたものが用いられています。畳は日本風のイメージが強いですが、畳縁をお好みに合わせて選んでみることで、その雰囲気はガラッと変わります。畳縁の種類は現在1000種類以上にものぼりますので、きっとお好きな色や柄が見つかると思われます。畳の張替えをお考えの際に、一度畳屋さんで相談されてみてはいかがでしょうか。襖なども同時に張替えることで、よりお好みの和室にすることもできますよ。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼