2013.11.14更新

畳の敷き方

畳の敷き方には「祝儀敷き」と「不祝儀敷き」の2種類があります。 一般的な住宅では「祝儀敷き」が多く、4つの畳の角が1つの場所に 集まらないように敷きます。 また、「不祝儀敷き」は、その名の通り、不幸があった場合に敷く 敷き方で、お寺や温泉旅館にあるような大広間で使われる敷き方で、 3枚ある畳を縦や横などに向きを変えて平行になるように 敷きます。 畳みはただ単にかっちりとはまるように敷いていると言う わけではないようです。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼