2013.09.30更新

畳の種類とサイズ

みなさんは畳のサイズが地域ごとに違うことをご存知でしたか? 主に畳は本間間、三六間、五八間、五六間、六二間、六一間の6種類に分けられます。 本間間は京間・本間・関西間とも呼ばれ、サイズは955mm×1910mm、 主に京都など関西地方や中国地方・九州で使われています。 三六間は中京間とも呼ばれ、サイズは910mm×1820mm、 主に東海地方・東北、北陸地方の一部・奄美大島でも使われています。 五八間は関東間・江戸間と呼ばれ、サイズは880mm×1760mm、 主に関東・東北・北海道など東日本のほとんどがこの五八間を使っており、 標準規格として全国に普及しています。 五六間は団地間と呼ばれ、850mm×1700mmの畳の中でも一番小さなサイズで、 団地間という名の通り、公団住宅やアパート・マンションなどで使われます。 六二間は佐賀間と呼ばれ、サイズは940mm×1880mm、 名前の通り、佐賀など九州地方の一部で主に使われています。 六一間は安芸間・広島間と呼ばれ、サイズは925mm×1850mm、 瀬戸内海に面した山陽地方で使われています。 このように地域によって使われている畳が違いますので、 ご自宅の畳の種類が分からない方はぜひ測ってみてください。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼