2014.04.13更新

畳の縁を踏んではいけない

「畳の縁を踏んではいけない」と注意をされたことはありませんか? 昔、使用されていた畳の縁は、絹や麻の布を植物染にしたものが主流で、色飛びしやすく、布の耐久性も高くなかったため、踏んでしまうと擦り切れてしまいます。それを避けて、縁を踏まないようにしたものが現在にも活きているのです。 その他にも、「畳の縁はお客様と家の主人を区別する結界である縁を踏むことで、秩序を崩さないため」、「盛り上がった縁に躓かないようにするため」といった理由があります。 現在でも縁を踏むことで畳の歪みが大きくなり、傷みが早くなる場合がありますので、長持ちさせるためにも縁を踏むことは避けた方が良いかもしれません。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼