2016.05.18更新

畳や障子を交換するタイミング

畳などはついつい表面だけ清掃したら大丈夫かな?と思ってしまい、あまりメンテナンスや張替えを行わずに使用されている場合も少なくないかと思われます。障子につきましても頻繁に張替えを行っている人はデメリットや交換のタイミングなどを知っている人が多く、そのような知識があまりない場合は放置されてしまう事もあるのではないでしょうか。畳や障子にも当然の事ながら寿命がありますので、想定以上の期間を酷使されてしまうとノミやダニの発生、汚れの付着、景観の損ないなど様々な問題を引き起こしてしまいます。具体的には畳の場合ですと新調した物であればおよそ10年程度で張り替える事が目安とされておりますが、表替えや裏替えを行う事によって寿命を引き延ばす事も可能となります。障子につきましても採光の調整などは住宅へのダメージに繋がってしまう可能性がありますので、敗れてしまった状態を放っておくとデメリットが多くなってしまいます。どちらも室内の環境を適切に保つという意味では大きな効果がありますので、定期的なメンテナンスを行っていないと衛生環境にも悪影響となってしまいます。特に害虫などが発生しやすい梅雨の時期については事前に対策を行う必要があるでしょう。畳替えや障子の張替えなどを行う際は、業者の方などに使用上の注意点や今後のメンテナンス、お役立ち情報などを聞いておくのも良いかもしれませんね。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼