2015.10.01更新

畳を濡れた雑巾で拭かないように

住宅の和室に張られている畳は日本を象徴する物と言えます。 畳が張られているかいないだけで、そのお部屋の雰囲気はガラリと変わるといっても過言ではないでしょう。 でも、畳もずっと良い状態が続くわけではありません。 どんな物もそうですが、数年経過することによって所々劣化してしまうことがあるからです。 ですので、畳も状態が悪くなってしまった場合は、一度畳の張替えをご検討されてはいかがでしょうか? 畳を張替えば、お部屋の雰囲気もまた良くなります。 でも、当然ながら畳の張替えにはお金が掛かってしまいますので、 なるべくなら畳は張替えたくないという方もいらっしゃることでしょう。 確かに、畳は少しお手入れするだけで長持ちさせることが出来る場合もあります。 でも、ここで一つ注意点があります。それは、濡れた雑巾で畳を拭くことです。これはよろしくありません。 何故かといいますと、濡れた雑巾を使ってしまうと、畳独特のツヤが損なわれてしまうからです。 ですので、畳を雑巾で拭く場合は、掃除機と乾拭きだけで充分なのです。 ただ、ずっとこの方法が通用するわけでもないので、いずれは畳を張替える必要が出てきます。 当サイトの「張り替え110番」では、畳だけでなく、ふすま、障子、網戸の張り替えについてのご相談を受け賜わっております。 是非当サイトをご利用してみてください。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼