2016.02.04更新

畳替えの方法

日本の和の心を感じるために和室を取り入れている方も多いと思います。畳の間は和の心を感じるだけではなく、日本の厳しい夏を湿度を吸って涼しく過ごすための、古くからの日本の知恵が詰まっています。草木の香りに囲まれた部屋での生活を望まれる方も多いでしょう。生きた素材である畳の寿命は一般的には、使用方法にもよりますが、十年から二十年と言われています。定期的にお手入れや畳替えを行って快適に過ごしたいですね。そんな畳替えには種類があるのを皆さんは知っているでしょうか。畳替えは新しい畳に張替えるだけではありません。大きく分けて三種類の畳替え方法があり、「裏返し」「表替え」「新畳」の三つの方法から選択しています。それぞれの方法を説明していくと、「裏返し」は文字通り畳の裏表を逆にして使用することになり、「表替え」は畳の芯はそのままに表裏の表面の井草を張り替える作業になり、最後の「新畳」が畳のすべてを新調する作業になります。畳替えをされる方は、畳の状態からこの三点の方法のうち一番最良な交換をする必要があります。特に表替えと裏返しの作業は難しく、表替えは新しい井草を編み込む技術が必要になり、裏返しは裏側の畳が使用できる状態なのかどうかを確認する必要があります。ですので畳替えの作業の知識や経験のある業者に任せることをお勧めいたします。これから暑くなる夏場を乗り切るためにも、畳の張替えを当サイトで相談してみてはいかがでしょうか。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼