2016.02.17更新

網戸は劣化することがあります

網戸を使うと、窓を開けておいても虫やホコリがお部屋の中へ入ってこなくなるので、網戸は窓に欠かすことができないものといえます。便利な網戸ですが屋外に向けて設置されて、雨風にさらされる存在なので使っているうちに汚れますし、劣化して破れて穴が空いてしまったり、浮き上がって隙間ができてしまうこともあります。穴や隙間がある網戸は虫やホコリがそこから侵入することがあるので放っておかないようにしましょう。網戸は汚れたと思ったときはお掃除をすることで綺麗になり、お部屋から外を見やすくもなります。一方、網戸が劣化してしまったときは網戸の張り替えをするようにしましょう。張り替え用の網戸や張り替えに使うローラーやカッターなどの道具は市販されているので自分でやってみようとする人もいるようですが、隙間ができやすくなっているのでおすすめできません。張り替えの際には網戸の材質を選ぶこともできます。一般的な網戸はクリーンネットと呼ばれるポリプロピレン製のものですが、頑丈で破れにくいステンレスネットもあるので、用途に合わせて選ぶようにするのがオススメです。網戸を張り替えるときは業者に依頼して、隙間などが無いように網戸を張り替えてもらいましょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼