2016.12.02更新

襖の張替え時期

旅館や和室の仕切りに使われるふすまですが、これは、枠にふすま紙を貼っているため、いずれ交換が必要になります。ふすまの交換時期は一概にいつが良いとは言えないのです。使用環境によって3年で交換が必要になったり、10年を目安にしたりと、ふすまの交換時期は幅があります。しいて言えば、目立った汚れや傷ができたときが交換時期といえるかもしれません。ふすま紙は自然素材ですから、風通しが悪く湿気が多いなど、環境によってはカビが発生したり、子供が遊んでいてぶつかって破いてしまったりということもあるのです。そういったトラブルが起きたときに他のふすまも張替えすれば、張替え時期がずれることもなくなり、定期的に新しい状態を保てます。また、タイミングが合ったときに、ふすまの張替えを行うという場合もあります。タイミングとは成人式や結婚式、お葬式といった冠婚葬祭や、お正月やお祭りで来客予定があるときのことを指します。襖の張替えには様々なタイミングがありますが、一様に言えるのは、ふすまを張り替えることで、部屋全体のリフォームをしたかのように雰囲気を一新できるということです。また、現在ふすまの交換を検討されている方がいれば、それもまた、タイミングかもしれません。思い立ったが吉日という言葉もありますし、思い切ってふすまの張替えを依頼するのも良いかもしれません。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼