2016.10.28更新

賃貸住宅での張替えにご注意を

賃貸住宅の中には、畳・障子・ふすまなどが使われていることもありますので、その張替えも当然必要になります。しかしその際には、賃貸住宅ならではの注意点があります。賃貸住宅にお住まいの方、もしくはオーナーは、その注意点を覚えておくようにしましょう。
まず、入居者にとっての注意点です。もしも入居者が張替えを行う場合、事前にオーナーや管理会社に許可を得る必要があります。無断で施工してしまった場合はトラブルの原因になる恐れがあります。また、退去する場合も要注意です。もしも善管注意義務を怠った場合、原状回復による張替え費用を入居者が負担することになります。普段からお手入れをして、汚れやカビなどが定着しないように気をつけましょう。
次に、オーナーにとっての注意点です。退去の際には新たな入居者のために張替えを行う必要があります。その費用ですが、日焼けや家具によるへこみなどは避けることができないため、基本的にはオーナー側の負担になります。そして張替えを依頼する場合ですが、同じように他の賃貸住宅のオーナーが業者に依頼していることが多いです。早めに予約を取っておかなければ、新たな入居者を迎え入れる態勢が整えられないことになるでしょう。
持ち家ではこのような心配は必要ありませんが、賃貸住宅に関わる人はよく覚えておくべきでしょう。もしも畳・障子・ふすまの張替えをご検討されているのでしたら、まずは業者に相談しましょう。張替えに関する知識が豊富ですので、的確なアドバイスが期待できます。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼