2015.11.12更新

適切な網戸を設置しましょう

皆さんの住宅には沢山の窓があると思いますが、それらの窓と共に一緒に取り付けられているのが「網戸」ですね。回転窓や押し出しの窓には難しいですが、大抵の開き窓には網戸が付いていて、外部の埃や虫などが侵入するのを防いでくれています。昔の日本家屋は縁側があり、天気の良い日は窓を全開放、虫を防ぐのは蚊帳、というスタイルが一般的でしたので、網戸をするという概念はあまりありませんでしたが、現代の住宅スタイルから考えると、風は通したいが窓の開け放しによって埃や虫は入れたくない、というのが標準となっていますので、窓には網戸の存在が欠かせないというわけです。一口に網戸と言っても種類はいろいろあります。

●網戸の色・・・昔は緑色や青色の網戸がありましたが、最近は黒色かグレーなど窓枠や壁に合う色が主流のようです。
●網戸の材質・・・ポリプロピレン製、ポリエチレンテレフタレート樹脂製、ステンレス製などがあります。
●網戸の目の細かさ・・・18~20メッシュくらいが標準です。ちなみに18メッシュとは約2.5cm角の中に縦横18本の網目があるという意味になります。

網戸ならどれでもいいというわけではなく、例えば風の強い地域にあまり細かい網目の網戸を設置してしまうと、すぐに目詰まりを起こしてしまうという結果を招きます。採用する場所に適した網戸を採用することも非常に重要です。網戸の設置・交換・修理は本サイト「張り替え110番」にご相談ください。 

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼