2016.06.14更新

障子の機能について

障子は破れやすく、張替え作業に手間がかかってしまうと思われる方もいらっしゃるかと思われます。それにより、現在では障子よりもカーテンを使用される場合が多くなっています。しかし、障子とカーテンは全く異なる機能性を持っているのです。カーテンにない障子の良さとは、いったいどんな内容があるのでしょうか。

【吸収性が高い】
日本は蒸し暑い日が続くなど、湿度の高い地域であると言えます。しかし障子にはこのような湿気を吸収してくれる機能があり、部屋干しなどを行う際にもにおいなどが染みつかず、吸収してくれたりする効果が期待できるのです。特に湿度の高い地域にお住まいの方々は、カーテンよりも障子の方が満足度の高い日常生活を送ることができます。

【断熱性にも優れている】
実は障子は、カーテンや2重ガラスよりも高い断熱機能があると言われているのです。とある実験では、障子のありとなしでは4℃もの温度差が確認されるているという報告もあります。人間でも体感することのできる違いとなりますので、室内の温度について悩まされている方などは一度障子について考えてみてはいかがでしょうか。

障子にはその他の建具では得られないようなメリットも様々あるのですが、当然のことながらしっかりとしたメンテナンスを行っていなければこのような効果を期待することはできません。梅雨の時期や暑さが続く季節などは特に、障子の張り替え作業を行って快適な生活環境を保つことが重要となるでしょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼