2014.05.13更新

障子紙の種類

近年、障子紙も従来の手漉きの和紙以外に、多種多様なものが商品化されています。 レーヨンを混ぜたものは、光沢が出て、本物の手すき障子紙にも負けない品質を確保 しています。 パルプの含有率を多くすると、安価に出来ますが、強度や風合い落ちてしまいますが、 頻繁に破れる場所や交換を行う場所に使用するには丁度良いものです。 手すき楮障子紙は、昔ながらの手作業で丹念に作られたもので、風合いも丈夫さも他 の障子紙に比べて格段に良いものです。 また、近年増えているのは通常の障子紙の片面、あるいは両面をプラスチックの薄い フィルムで覆ったプラスチック障子紙で、破れにくいので子供部屋などに用いられる 事が多いようです。 その他にも、光触媒の機能を持ち、空気を正常にすると言った作用を備えるものもあ りますので、ご自宅の障子を張り替える際には一度ご検討されてはいかがでしょうか?

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼