2017.01.25更新

障子の張替え料金を節約するポイント

年に一度は張替えるのが望ましい障子ですが、何枚もある障子の張替え料金は、意外と家計の出費に占める割合が大きくなることも。
そこで、障子の張替え料金を少しでも抑えたい方のために幾つかのポイントをまとめてみましたので、張替えをするときのご参考にどうぞ。

障子の張替え料金は紙の種類で決まる!

障子1
同じように見える障子紙も、実は色々な種類があるということをご存知でしょうか?
代表的な障子紙の種類をまとめてみましたので、順番に見ていきます。

手漉き障子紙


元々障子に使われていたのは、楮(こうぞ)を主原料とした和紙でした。
楮は繊維が長いので、紙にした時複雑に絡み合い、高い耐久性を誇りますが、障子の張替え料金としては最も高くなります。

レーヨン障子紙/レーヨン入り障子紙


レーヨンはセルロース(紙の主成分)や綿の繊維を化学的に処理して製造された繊維のことです。
これをパルプと混合したものがレーヨン障子紙、もしくはレーヨン入り障子紙と呼ばれるものです。
見た目の風合いは手漉きのものに劣るものの、価格、見た目、耐久性は実用的なものです。

混抄(こんしょう)障子紙


混抄障子紙はビニロンやマニラ麻などの繊維とパルプを混ぜ合わせて作られた障子紙です。
適度な強度とコスト、そして見た目の自然さのお陰で、最近の住宅でよく使われているのはこちらの障子紙が多いようです。
見た目が手漉き障子紙に近いため、旅館や高級ホテルなどでも使用されることがあります。

プラスチック障子紙


更に、耐久性が必要なホテルや飲食店の障子紙には、プラスチックでレーヨン障子紙をサンドイッチのように挟み込んだプラスチック障子紙も販売されています。
プラスチックで挟み込むことで耐久性もよく、手入れもしやすくなっています。


障子の張替え料金は、これらの障子紙のどれを選ぶかで決まってきます。


イレギュラーな障子の張替え料金発生を食い止める


そもそも、年に一度張替えるだけならどんな障子紙を選んでも良い気がしますが、やはり気になるのがイレギュラーな障子の張替えです。

障子を破られてしまった場合


例えば、お子様やペットが遊んでいる時に、障子に穴を開けてしまったとしましょう。
そのまま放置しておくことも出来るかもしれませんが、お客様をお招きする時など、穴が空いたままでは不格好で、張替えをしたいと思う方も多いでしょう。
この時、障子紙を丈夫な高い楮の障子紙にしておくと、障子の張替え料金が年に二度発生することになりますので、予定と狂ってしまうことも考えられます。
安い障子紙にしておけば、破られたとしても障子の張替え料金は安く、頻繁な張替えにも対応できるかもしれません。
逆に、少し高くても頑丈な障子紙を選んでいたら、破れなかったかもしれないと考えると、安い障子紙を2度張替えることになり、安い障子紙を選んだメリットがなくなってしまうかもしれません。

障子が汚れてしまった場合


また、気をつけておきたいのが汚れたときの張替えです。
真っ白な障子が茶色くなったり、黄ばんだりしたままだとお部屋の中も汚れて見えるので、張替えたいと考えることもあるかもしれません。
障子の張替え料金は少し高くても、汚れに強い障子紙を選ぶことで、障子を1年間、綺麗に使えたかもしれないと考えることも出来ます。


障子の張替え料金を押さえる為に日頃から心がけたいポイント


高い障子紙を選んでも、安い障子紙を選んでも、穴を開けてしまえば同じことです。
障子の張替え料金をできるだけ押さえるには、日頃から心がけておくポイントが幾つかあります。

障子紙のホコリを落とす


障子に付いたホコリを放置しておくと、ホコリが湿気を吸ってしまい、結果的に障子にその湿気が移って破れやすくなってしまいます。
また、ホコリはシミの原因にもなるので、定期的に乾いた布などで優しく表面を拭き掃除するだけでも、障子紙の張替え料金の削減につながることもあります。

応急処置を行なう


障子に穴が空いた時、すべて張替えるのも良いですが、応急処置で済ませておくことも、障子の張替え料金を抑えるのに打って付けの方法です。
穴を開けたままだと、そこから更に破れ目が広がっていくこともありますので、早めに行なっておくのがおすすめです。

破らないように丁寧に扱う


障子はプラスチック障子紙を除けば、程度の差はあれ紙ですので元々破れやすいものです。
開け閉めの時や近くでの作業の際、うっかり破いてしまわないようにする心掛けが、障子の張替え料金を安くするためにも必要かもしれません。


まとめ

障子3
障子の張替えは、取り付けられている障子をまとめて行なうことが多いので、どうしても一度の出費が多くなりがちで、できるだけ安く抑えたいと考える方も多いようです。
障子紙の種類を適したものにすることで、不意の障子の張替え料金の出費を抑えることも可能な場合があります。
また、日々の心掛けやお手入れが障子を長持ちさせることにも繋がるので、これから障子の張替えをご検討される方も、張替えたばかりの方も、一度考えてみてはいかがでしょうか。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼