鳥取市対応の弊社加盟店のご紹介

あずみ
あずみは、鳥取県で畳の張り替えなどを行っている会社になります。ご家庭に畳のお部屋があるというお家も多いのではないでしょうか。最近では、定期的にお掃除はしても畳自体を張り替えることはそんなにしないというのが当たり前になってきています。畳の張り替えには様々な方法があります。まず裏返しという方法です。新しい畳を使いはじめてから3年から4年が目安で、この方法は最も手軽に行える張り替えなので使う頻度が高いお部屋の畳の張り替えにオススメです。次に表替えという方法です。新しい畳も6年から7年ほど使い続けると表の部分が擦れて白っぽくなってきます。汚れや目立つ傷がある場合や畳に光沢感がなくなってきたら表替えを行う時期です。最後に新畳という方法です。使い始めてから10年をすぎると変色や傷みも激しくなり、畳の上を歩くとブワブワしたり畳と畳の間に隙間ができたりしてきます。この場合には畳が劣化しているので新しい畳にする必要があります。この時期というのはあくまでもおおまかなものなので張り替えの時期や張り替えの作業に関してお困りの際はあずみが力になってくれるでしょう。
について

鳥取市の内装工事業者数は?張り替えについて

畳、ふすま、障子というのは、古くから日本の住宅になくてはならないものとして親しまれてきました。しかし、近年、住宅の西洋化が進み、和室がない住宅も増えているといいます。しかしながら、鳥取県の鳥取市ではほとんどの住宅で和室が存在します。その証拠に、鳥取市内には畳、ふすま、障子などの内装工事業の事業所数(2015年)が27ヶ所もあります。また、畳替えの年間支出額(2014年)は2492円ととても高い水準に達しているのです。そもそも鳥取市で和室の需要が高いのは、その気候に密接な関係があります。鳥取市は日本海側気候に属しており、冬になると豪雪の日が多く気温が大幅に下がります。そのため、乾燥がしやすく、過ごしにくい日々が続くのです。しかし、住居に1つ和室の部屋があるだけで、冬の寒さや乾燥を緩和してくれる効果を得ることができるのです。というのも、畳には室内の湿度、温度を快適に保つ作用があるからです。その理由は、原料のイグサに六角形の立体柔組織で構成されていて、たくさんの空気を含んでいるからです。空気がたくさんあることで、湿度が高い時には吸収し、冬の湿度が低くて乾燥している時には放出してくれる作用があるのです。まるで天然のエアコンのような働きをするので、過ごしやすくなります。また、空気がたくさん含まれていることで、羽根布団のように適度な温度を保ってくれます。その他にも、畳には人間が暮らし易いようにしてくれる効能があります。それは、リラックス作用です。イグサの香りは嗅覚にとても優しいと言われていて、高い鎮静効果があります。まるで、自然のアロマテラピーのような効果があるのです。しかし、このような作用は、畳が古くなっては全く発揮されません。そのため、古くなってきたと感じたら、畳の張替えを行ったほうが良いです。鳥取市には、畳、ふすま、障子の張替えを行う業者がたくさんありますので、安心して相談することができます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼