網戸の交換方法は?業者も上手く活用しましょう

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

網戸交換の方法と注意点

網戸は、室内への虫の侵入を防ぐ、外の空気を取り入れるなどの効果があります。網戸の機能を保つためには、定期的な網戸交換が必要です。

 

ここでは、網戸の交換方法をはじめ、網戸交換の難しさに触れます。自分でやってみようとお考えの方や、業者に依頼しようか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

網戸の交換に必要なものと手順

網戸の交換に必要なものと手順

 

網戸の交換はDIYで行うことも可能です。必要なものと手順をご紹介します。

 

‣必要なもの
新しい網戸、ローラー、クリップ、網押さえゴム、カッター

 

‣手順
1.網押さえゴムを取り外して網を外す。溝の掃除も済ませておく
2.新しい網を大きめにカットしてクリップで固定しておく
3.網を張る。網目が平行になるのを確かめながらローラーを使ってゴムを差し込む
4.網がたるんでいないかの確認をして、最後に余った網とゴムを切り取る

 

網戸の交換は、古いものをはずして新しい網を張るという作業になります。一見、簡単そうにも見えますが、じつは難しい作業でもあるのです。

 

網戸の交換で難しい点は、業者がすべて解決!

網戸の交換で難しいとされているのは、以下のようなことです。

 

・作業の途中で網を傷つけてしまうことがある
・網戸や押さえゴムは種類が豊富でどれを選べばよいかわからない
・専用のカッターやローラーなどの道具をそろえるところから始めなくてはいけない
・網戸の仕上がりに納得がいかない
・網戸をまっすぐカットするのが難しい
・一人で行う作業は困難な場合がある
・慣れない作業に時間や手間がかかる

 

このように網戸の交換をDIYで行う際は、さまざまな問題が出てくることがあります。このような問題をお抱えのときや、作業に不安を感じる方は業者におまかせしてみるのも一つの方法です。網戸交換の難しさが引き起こす問題や手間は、すべて業者が解決してくれます。

 

網戸交換は業者?DIY?選択に迷ったらまず相談を

網戸交換は自分でできるもの、というのは間違いではありません。しかし、DIYで行うことはそれなりのリスクも伴います。上で挙げたような網戸交換の難しさが引っかかるようでしたら、業者に依頼してみるのもおすすめです。

 

とはいえ、いきなり依頼を確定するのも気が引けるかもしれません。そこで、まずは相談をしてみるのはいかがでしょうか?

「依頼をしようかどうか迷っている」「業者と話をしてから検討していきたい」など、依頼を確定していない方からのご相談も、もちろん歓迎しています。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

網戸の交換を依頼したときの料金

網戸の交換を業者に依頼することで、DIYで行ったときのリスクを避けたり、仕上がりが良くなるといったメリットが生まれます。

 

ここで気になるのが、業者に依頼したときの費用です。DIYで成功したときにかかる費用と比べると費用がかかるのは確かなので、依頼前には料金のことや失敗しないための方法を確認しておくことが大切です。

 

納得のいく施工を依頼するために、料金の考え方やできるだけ安くするためのコツなどを見ていきましょう。

 

網戸の交換でかかる費用の計算方法

網戸の交換でかかる費用の計算方法

 

網戸の交換でいくらくらい費用がかかるのか。これは依頼する前に誰しも思うことです。網戸交換にかかる費用には、大きく「網戸のサイズ・枚数」と「新しい網戸の種類」が関係してきます。

 

・網戸のサイズ・枚数
網戸のサイズが大きい、あるいは網戸の枚数が多いほど、料金は高くなります。交換対象になる場所の網戸が小さければ、その分費用をおさえることになります。

 

・網戸の種類
網戸には商品によって違います。黒をはじめとした色の違い、メッシュ数の違いの他、機能性もさまざまです。目隠し効果のあるもの、強度が高いものなど求める機能によって価格が変動していきます。

 

上の2つは網戸交換の料金に影響を与えるものです。取り付けにかかる料金は、業者間でほとんど差がないと言われています。しかし、場合によっては、網戸の処分費もかかることがあります。見積もり書をよく確認の上、依頼先を決めましょう。

 

網戸の交換にかかる料金を安くおさえるコツ

網戸の交換を業者に依頼する場合は、見積もりをとることが安く施工を行うポイントになります。

 

見積もりは、具体的な料金を知るために行うものですが、相見積もりをすることで費用をできる限りおさえることが可能です。複数の会社から見積もりをとることで、同じ条件下でいくらかかるのかはっきり数字として表れます。それだけでなく、見積もり書をよく見ることでその金額に含まれるサービスを比較することも可能です。

 

このようにメリットが多い見積もりですが、依頼する際は以下の3点に注意しましょう。

 

見積もりは無料か
見積もり後にキャンセル可能か
見積もり後の追加料金は発生しないか

 

見積もりをしたことでお金が発生してしまった、安さに惹かれて依頼したら追加料金が発生した…。このようなことがあっては、納得のいく施工ができません。施工にお金を払う以上、損をしないことが大切です。

 

当サイトは上に挙げた3つを全て満たしています。安心しておまかせください。

 

網戸の交換でお悩みのときにはいつでもご相談ください

網戸の交換をするときに、お金のことが気になって依頼に踏み込めないというときは、とりあえず見積もりをとってみることをおススメします。

「金額を知りたい」「まずは話だけでも聞きたい」「直接、業者と話してみたい」このようなときにも、当サイトの活用が便利です。

 

自分でやってみようかなという方でも、無料の見積もりを使ってみたら意外と業者に頼んだ方が安かった、メリットが大きかったということもあります。見積もりはやってみて損はありません。お気軽にご利用ください。

 

また、網戸の交換をするときは、網戸の機能性を見直すタイミングでもあります。どの網戸が適切か、最近人気がある網戸はどれか、など気になる点は、張替えのプロに直接相談してみてはいかがでしょうか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼