ふすま交換のタイミングと豊富なふすまの種類

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ふすまの交換を正しく行いたい!自宅にピッタリのふすまの種類や交換タイミングとは?

ふすまは畳同様、和室で多く取り入れられているというイメージがありますが、和洋の雰囲気をもつ現代の住宅に合わせたふすまもあります。戸だけではなく仕切りとしての役割もあるふすま。目につきやすいのでふすまの交換修理をすることで、家の雰囲気をガラッと変えることも可能です。ここでは、暮らしをより豊かにするリフォームとしてのふすま交換に注目します。

 

目的別で考える!ピッタリのふすまの種類や機能性

ふすまの交換を正しく行いたい!自宅にピッタリのふすまの種類や交換タイミングとは?

ふすまは障子やフローリングに合わせてコーディネートすることで、デザインに統一感が生まれます。また、暮らしに合わせたふすまを選ぶことで、さらに快適に過ごせる空間をつくることも可能です。目的別にふすまの種類を挙げます。

 

「和洋2つの雰囲気をもつ家にマッチさせたい」

リビングのなかに和室が設けられているご自宅をよく見かけるようになりました。このようなご自宅で需要があるのが、和室側はふすまのデザイン、洋室側は扉になっているタイプです。表と裏で見た目が異なるのでそれぞれの雰囲気にマッチします。

 

「和室に光を取り入れたい」

和室が暗くてお困りの方、ふすまを開ければ光が差し込んでくるなんてことはありませんか?そのような場合は、採光できるふすまを選んでみましょう。ふすまの一部が障子やガラスになっているものを選ぶと、和室の雰囲気も明るくなります。

 

「和室のデザインを変えたい」

ふすまは仕切りにもなるぶん、面積が多く目立つ部分になります。そこで、ふすまの色や柄、引き手を変えることで雰囲気を新しくすることが可能です。ふすまはシンプルなものから華やかなものまで豊富な種類があります。デザイン性が高いふすまを選ぶことで、和室全体のイメージが変わります。

 

「ペットにも快適に過ごしてもらいたい」

ふすまのなかには、ペット用の抜け道を取付けているものもあります。ふすまを閉じているときでも猫や犬などのペットが自由に通り抜けることができます。抜け道があるふすまに交換することで、ペットにとっても飼い主にとっても快適に過ごせる環境をつくることが可能です。

 

ふすま交換の適切なタイミング

ふすま交換をするタイミングは、「リフォームがしたい」と思ったときはもちろんですが、ふすま自体の調子も考える必要があります。以下のような症状が見られる場合は、ふすま交換のタイミングと考えて良いでしょう。

 

☑張り替えてから10年ほど経過している

☑シミができている

☑桟の跡がある

☑全体的な色が茶色っぽくなってきている

☑ふすま紙が剥がれたり破れたりしている

☑カビが生えている

☑たるみやシワが目立ってきた

 

これらにあてはまる場合は、張り替えの時期です。一度、業者に見てもらうことをおすすめします。

 

自分で行うのが難しいふすま交換は業者におまかせ!

"ふすまの交換や張り替えと検索すると、DIYでの張り替え方法がたくさんでてきます。一見、簡単そうに見える張り替えは、自分だけでやるには難しい作業です。その理由としては

 

・ふすま紙の寸法やのりの量の加減を誤ると、ふすまが反り返ることがある

・ふすまを張り替える環境(天候や季節)によって、のりの量や乾かす時間を考慮しなくてはいけない

・一人で行う場合はとくに、ふすま紙の位置がずれるなどして仕上がりが不十分になる

が挙げられます。リフォーム目的で行うふすまの交換はもちろん、ふすま紙の張り替えもプロの力を借りた方が安心です。頻繁に行うものではないからこそ、仕上がりに満足のいく業者にまかせてみるのはいかがでしょうか?"

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ふすまを交換してもらうときの料金

ふすまを交換してもらうときは業者に依頼することが多いかと思います。まずは料金について知りたいという方も多いでしょう。そこで、ふすまを交換するときの料金はどのようにして決まるのか、また張り替えの費用をおさえるコツを中心にご紹介します。納得のいく施工をしてもらうために、役に立つ情報をまとめます。

 

ふすま交換にかかる費用

ふすまを交換してもらうときの料金

ふすま交換にかかる費用は、一概にこの金額とは断定できません。各業者によって金額に開きがあるのはもちろんですが、ふすまの交換料金に大きく影響してくるのは、新しく取り入れるふすまの種類です。

 

ふすまの種類については上で取り上げましたが、デザインや機能性が豊富です。そのため、金額は上下します。また、取り入れるふすまに貼り付けるふすま紙のグレードによっても変わってきます。ふすま紙には、和紙や織物などの種類があり、製造方法の違いや使われる材質によって価格がかなり変わってきます。数千円のものもあれば、数万円するものまで差があります。ふすまの交換は、どのふすまを選ぶかによって金額が変わるということがポイントです。

 

具体的な金額を知りたいときに有効な見積もりとその注意点

ふすまの交換の金額は断定しにくいことをお伝えしましたが、具体的な金額が分からなければ、業者への依頼ができません。そこで有効なのが、見積もりです。見積もりをすることで、どのようなふすまに交換して、どれくらいの費用がかかるのかを具体的にイメージすることができます。

 

しかし、見積もりを闇雲にすればいいというわけではありません。見積もりをして損をしたということにならないように、見積もり前の段階で以下の点に気を付けましょう。

 

・見積もりは無料か

・見積もり後でもキャンセルが可能か

・見積もり後の追加費用が発生しないか

見積もりをする際には、複数の業者と比較してみるとより安く済ませることも可能です。安いだけでなく納得のいくサービスを提供してくれる業者が見つかりやすいでしょう。ただし比較するなかで、金額があまりにも安い、見積もりの際の説明が不十分な業者には注意します。

 

ふすまの交換でお悩みのときにはいつでもご相談ください

ふすまの交換をする際には、まずは見積もりをしてみることをオススメします。

 

当サイトでは、無料見積もりをはじめ、見積もり後のキャンセル可、見積もり後の追加費用なしというサービスで、みなさまに安心してご利用していただけるよう、日々尽力しております。

 

ふすまの交換はリフォームにもなります。技術だけでなくデザイン性も求められる作業になるので、プロならではの視点でお客様のお力になります。ふすまの種類から相談したい、まずは金額だけ知りたいなどのご要望も大歓迎です。お電話したことで必ず施工しなくてはいけないということは、全くありません。いつでもお気軽にご相談下さい。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼