畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 畳の張り替え方法

2015.09.02更新

畳の張り替え方法

古くなったり傷んでしまったりした畳は張り替えを行う必要があります。でなければいつまでたっても見た目が悪いままだからです。現在の日本人は和室をくつろぐ場所として利用されている方が多いようなので、やはり綺麗にしておきたい物だと思います。しかし、新しい畳に張り替えるのは少し費用がかかってしまいます。なので、少し敬遠しがちになっているという方も少なくは無いのでは?そんな時に、ちょっと得をするかもしれない情報を紹介したいと思います。それは張替え方法です。畳の張り替えにはまるごと張り替える方法と一部だけ張り替える方法があるのはご存知でしょうか?今回はその張り替え方法について紹介したいと思います。

■裏返し
畳床に貼られているゴザを裏返す方法です。ゴザをひっくり返しているだけなので、実際には畳の張り替えを行っておりません。しかし、今まで使っていなかった面を使うので、新品同様に使うことができ、費用も安めです。

■表替え

芯の部分だけ再利用して、畳の表部分だけ新しい物に交換する方法です。一部だけで交換するので、新しい畳に交換するよりも費用を安く済ませることが出来ます。

畳の張り替えにはこのような方法もあるのです。しかし、畳の状況によっては行えないこともあるので、一度職人さんに相談してはいかがでしょうか?

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。