畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 畳の裏返し

2015.09.07更新

畳の裏返し

ご自宅の和室で使われているのが畳になりますが、 畳というのは、数年が経つと畳表が擦り切れによって傷んでしまったり、日に焼けてしまうといったケースが起きてしまいます。 このようなケースが発生すると見た目がみすぼらしくなってしまうので、これを避ける為に畳を裏返すといった方法があります。 畳の裏返しというのは、その名の通り畳を裏返すことを指します。 畳表は両面を使い分けることが出来るので、畳を裏返せば見た目が綺麗になります。 これは、畳の定期的なメンテナンスとして、インターネットでも紹介されています。 ただ、この方法もいつまでも使えるというわけではありません。 裏返した畳表も、数年経てばまた擦り切れたり、日に焼けてしまいます。 ですので、もしこの方法を使うことが出来なかったら、今度は畳の張替えをする必要が出てきます。 畳の張替えは誰にでも出来る一般的なもの。 休日を利用して畳を張替えようと試みられる方もいらっしゃると思います。 ですが、専門業者に畳の張替えをお願いするといった方法もあります。 専門業者にお願いしたほうが確実という場合もあるので、 当サイトでは、専門業者に畳の張替えをお願いするほうをオススメいたします。

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。