畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 破れてしまう障子

2016.01.13更新

破れてしまう障子

昔から和室には障子が欠かかせないと思います。障子は和室に入る光を遮って適度な明るさにする、いわば日本のカーテンのといっても良いです。障子があることで和室の落ち着いた雰囲気を際立たせることが出来ていると思います。しかし、障子の素材には紙が使われているので、やはり張り替えなければいけなくなることが多いです。例えば、ペットを飼われていたりすると、ペットに障子を破られてしまう恐れがあります。お子様がいる家庭でも、いたずらなどで破られてしまうことがあるかもしれません。こういった外部からの衝撃で破れてしまうこともありますが、他にも直射日光による紫外線などで縮んだりする風化や湿度の変化によって、木と紙が収縮や膨張をしてしまい障子紙に無理な力が加わって自然に破れてしまうということもあります。このように長期の劣化によることもあるので、一年に一回は張り替えることをおすすめします。紙を使っているので汚れが目立ってしまうこともあり、その場合も張り替えが必要になるでしょう。張り替えは紙と木材だけで出来ているので、簡単に張り替えることが出来ると思うかもしれませんが、張り替える作業は中々技術のいるものです。一度当サイト「張り替え110番」まで相談されると良いと思います。

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。