2016.11.18更新

網戸の種類

夏になると風通しを良くするために窓を開けますが、害虫やホコリ等が侵入しないように網戸を閉めます。一般的に網戸と言われると、窓枠に目の細かいネットが張ってあるものを想像するかと思います。常に窓と一緒にサッシにはまっているため、風雨や陽の光にさらされ、劣化しやすいのです。しかし、網戸には他にも種類があり用途に合わせて選ぶことが出来るのです。

・アコーディオン網戸
プリーツ加工のされた網戸で、使わないときには折りたたんでコンパクトに収納しておくことが出来ます。片側から反対側まで閉じる片引きタイプと、両側から真ん中に向かって閉じる両引きタイプがあり、場所や景観に合わせて選べます。普段は折りたたんで収納して置けるため、網戸が汚れてしまうのを防ぐことが出来ます。収納しておけば見栄えも良いためテラスや大型窓にもおすすめです。

・ロール網戸
ネットをロール式に巻き上げるタイプの網戸になります。比較的、小型の窓に使われることが多く風呂場やキッチンなどに設置することで景観を損ねることなく、網戸の利用ができます。また、すべり出し窓といった網戸がないことが多い窓にも相性が良いため、ホテルなどでも使われています。こちらも使わないときは、上部のボックスに収納できるためスッキリさせることが出来ます。

・折戸式網戸
網戸の真ん中からくの字型に折れて開閉するタイプです。玄関引き戸や勝手口用の網戸として使われています。2つに折れるため出入りの際じゃまになりません。玄関や勝手口など、住宅の中心が風の通り道になります。また、鍵を取り付けることも出来るため、防犯面も心配いりません。

このように網戸は用途に合わせて様々なタイプを選択することが出来ます。網戸の張替えを検討中であれば、網戸の種類から考えるのも良いかもしれません。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼