畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 虫除けと網戸の歴史

2014.01.18更新

虫除けと網戸の歴史

蚊やハエを防ぐための方法は昔から数多く考えられてきました。 代表的な方法としては、木の葉や草、布などよいぶした煙をつかって虫を寄せ付けないというもので、現在の蚊取り線香のルーツとされています。 現在も使用されることの多い蚊帳は、奈良時代に中国から伝来したものであると伝えられていて、江戸時代の後半から明治にかけて一般家庭に普及し始めます。それからしばらくして、昭和30年頃には、窓枠に直接網を張るという方法・現在の網戸が登場し、蚊帳に変わって普及していったようです。 建物の開口部の変化とともに網戸は進化を遂げ、アコーデオン式やロールアップ式など、様々な形のものが登場しています。

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。