畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 障子の歴史

2013.11.04更新

障子の歴史

障子は平安時代の末期誕生した建具の一つで、部屋同士の間仕切りとして使うだけでなく、障子紙を透かして外の灯りを取り込むという役割も持っています。

それから1000年以上の時を経てもなお、使われている障子ですが、誕生から今に至るまで、障子紙が破れやすいというのは変わりなく、破れると、本来の間仕切りとしての効果が低下するだけでなく、見た目にも部屋が荒れて見えます。

障子紙の張り替えは自分で行うことも可能ですが、シワが寄ったり、障子の枚数が多ければそれだけの手間がかかります。

障子の張り替えについては、まずは、当サイトにご相談ください。

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。