2017.07.10更新

畳を張り替えて理想のお部屋にアレンジしましょう

和室は落ち着いた雰囲気があっていいですよね。洋室が主流の今、あえて和室を作る方も増えているようです。
和室の顔と言えば畳ですが、畳には色々な種類があることをご存知ですか?畳と聞くとイグサでできた3尺×6尺のサイズを想像すると思いますが、実は色々な素材やサイズがあるのです。畳はお部屋の雰囲気に大きく影響しますから、これらの組み合わせで様々なお部屋づくりをアレンジすることができます。
このページでは、畳表、畳床、サイズや、畳と家具を合わせたモダンなアレンジまで紹介していきます。畳を張り替えてお部屋をアレンジするには、畳表や畳床の種類だけでなく、ほかにも考えるべきポイントがあるので、見ていきましょう。理想の和室づくりの参考になれば幸いです。



1ffdc143c9d1bf81785a5b0baaa30cfa_m

畳表の種類

畳表とは、イグサの茎などを経糸で織ったござのことで、畳の表に付けるものです。素材や織り方によって名前や特徴が変わります。

イグサの種類

イグサの特徴は主に生産地によって変わります。一般的に海外産よりも国産のイグサは耐久性があるようですが、技術の向上により差は縮まってきているそうです。

経糸の種類

イグサを織るための糸のことを経糸と呼び、主に綿や麻が使われます。素材によって主に耐久性が変わるため、購入の際にはよく確認するようにしましょう。
・綿二芯
経糸が綿糸で織られている畳表のことを言います。綿糸は伸縮性が高く耐久性は低いのであまり強く織りこめません。
そのため目詰まり感はゆるく見えます。イグサの数は約4000本と言われています。
・麻二心 経糸が麻糸で織られている畳表のことを言います。耐久性が高く比較的高価なケースが多いようです。イグサの数は約6000本と言われています。
・綿麻4芯表
経糸が麻と綿の二つで織られている畳表のことを言います。その割合で特徴が変わるので、購入の際はよく確認するようにしましょう。
・麻4芯表
経糸が麻糸2本で織られている畳表のことを言います。最高級品として作られることもある、大変高価な経糸です。

バリエーション豊かな模様

畳は織り方によって様々な模様を作ることができます。一般的なのは引き目と呼ばれる模様ですが、ほかにも市松模様、ギザギザに織った柄畳表、目の細かい目積表など数十種類以上の模様があります。畳表は模様によって表情を大きく変えるので、慎重に選びましょう。


畳床の種類

畳床とは畳表を張る土台の部分のことを指します。以前は藁を用いることが多かったのですが、最近では化学製品を用いたものも多いようです。畳床は種類によって足触りや踏み心地などの違いがあります。

・本畳床(稲わら床)

本畳床はJISによって等級が定められており、等級が上がるほど高品質な畳床になります。独特の厚みのある弾力感や藁の香りが特徴で、リラックス効果があります。藁にはお部屋の除湿効果もあります。

・建材床

現在の畳床の主流で、主にポリスチレンフォームとインシュレーションボードが使われます。低コストで生産できるため、比較的安価です。化学製品ですので害虫の発生もありません。しかし、素材によって耐久性が大きく変わりますので注意です。

・藁サンド床

本畳床と建材床を挟んだ方法で作られた畳床です。2つの素材のいいところを合わせた畳床です。踏み心地は本畳床に近く、低コストで生産できるため安価です。


種類豊富なデザイン畳

近年では、デザインに重きを置いた畳が作られており、それらはデザイン畳やカラー畳と呼ばれているそうです。
デザイン畳は主にカラー樹脂素材か和紙素材で作られます。カラー樹脂素材は変色に耐性があり、耐久性の高い素材です。和紙素材はカラー演出の幅が広く、優れたデザイン性を持ちます。これらの素材は比較的加工が容易で、様々な模様を作ることができます。
畳の色はお部屋の雰囲気に大きな影響を与えます。リラックスしたいお部屋には青を、気分を盛り上げたい部屋の場合は赤を選ぶなど色にこだわるのもよいでしょう。
オーダーサイズでの注文や、星形などをかたどったものなどの置き畳を取り扱うお店もあるようです。お部屋の家具と併せてワンポイントアクセントとして設置するのもおしゃれですね。畳を張り替える位置によって、畳の色をアクセントにするか、それとも飽きない無難な色を選んだほうがいいのかも変わってきそうです。
デザイン畳は、大変種類が豊富です。迷ったら、ネットで商品のフィードバックなどや評価などの投票数を確認してみると、より使用後のイメージが湧くでしょう。

畳

機能性にも注目しましょう

デザインだけでなく、機能性に特化した畳も注目されているようです。

・抗菌・防カビ加工

イグサを使った畳表にはダニやカビなどの病原菌の温床になってしまう例があるためイグサをフィルムによってコーティングし、抗菌・防カビ加工した畳もあります。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では抗菌・防カビ加工された畳を使うと安全です。

・ペット畳

ペットを飼っているとどうしても畳を傷つけられてしまったり、シミや気になるニオイをつけられてしまったりしますよね。そんな悩みでお困りの方は、ペット畳を使うと良いかもしれません。
ペット畳はレザー素材で作られているため、傷がつきづらいです。また、抗菌加工がされており安心です。表面は滑りにくい加工がしてあり、畳の上で激しい動きをしても安心できる設計になっています。

・洗える畳

洗える畳とは、素材すべてを化学製品にすることで、水洗いが可能になった畳です。ホコリや汚れで悩まされている場合は洗える畳を使うとよいでしょう。ホテルなどで主によく使われている商品で、高いクッション性があるため座り心地がよい物が多いです。また、お客様に合わせてさらに機能を特化させた介護用などの豊富なバリエーションもあるようです。


まとめ

畳は畳表と畳床から構成されており、どちらも様々な素材が使われることがあります。天然素材のイグサだけでなく、機能性や生産性を重視した化学製品素材を用いられることも多いです。
それぞれに良い点悪い点があるのでご自身の設置する環境に合わせて選びましょう。また、デザインや機能性に特化した畳も増えています。様々なバリエーションのある畳を使って理想のお部屋にアレンジしてみましょう。

張り替え110番のサービス料金
  • 網戸

    価格

    詳しくみる
  • 襖

    価格

    詳しくみる
  • 畳

    価格

    詳しくみる
  • 障子

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼