畳の裏返しについてまとめ メリットと費用について

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

裏返しでリフレッシュ!傷んだ畳をきれいにする方法

畳の裏返しとは、日に焼けたり擦り切れて傷んできたりした畳表を反対にひっくり返して畳床に貼り直すことで、きれいな畳にリフレッシュすることです。

 

注意点として、畳床および畳表は既存のものを使いますが畳縁は新しいものと交換します。また、5年以上経過した畳表は裏面が枯れていたり、部分的な変色が起きていたりすることがあるため、裏返しは控えるようにしましょう。一度裏返しした畳は次に裏返しすることができなくなることにもご注意ください。

 

裏返しの時期や裏返しのメリット

裏返しの概要

畳の裏返しの時期(タイミング)や畳の裏返しをすることで得られるメリットについて紹介します。

 

・時期

新しい畳を使用してから2~3年後、色あせや傷みを感じてきたら畳裏返しのタイミングとみていいでしょう。ちなみに、4~5年後が畳表替えに、約10年後が畳新調にちょうど良い時期だといわれています。畳裏返しは、新しい畳を使用し始めてから3段階のメンテナンスのうちの1段階目に相当するということです。

 

・メリット

畳のメンテナンスをおこなうことで得られるメリットは、感触や見栄えがよくなる、新しいい草の香りによるリラックス効果、断熱効果、調湿効果、空気の清浄効果、カビやダニの発生防止など多くあります。

 

また、畳の裏返しをおこなうことでプチリフォームを楽しむことができます。縁なしでも、華やかな色枠でも、幾何学模様でも、選び方次第ではガラリと和室のイメージを変えることができるでしょう。素材は丈夫な合成繊維が主流ではありますが、無地、ペイズリー、小花柄、亀甲柄などさまざまな柄で個性を出すことができます。この際、センス良く見せるには和室の壁や襖、畳縁を和服の着物、帯、半襟の色柄に合わせて色選びをすることがポイントです。

 

裏返しのDIYは可能か?

畳の裏返しは、畳を外して持ち上げ、クルッとひっくり返して元に戻すという作業だと思われがちですが、実はそんな単純な作業ではありません。そもそも畳の構造は畳床と呼ばれる土台にい草と麻糸で織ったござを表面に取り付けて、糸と縁で固定しています。畳の裏返しは、この糸と縁を外し、取り付けてあるござの部分を裏返して再度取り付けることを言います。

 

したがって自分の力だけで畳の裏返しをおこなうことは困難でしょう。仮に糸と縁を外せたとしても、そのあと取り付けて固定するという作業ができないからです。

 

畳の裏返しはお任せください

畳の裏返しは、足元で使用していた畳表を再び使用するため、使用していた年数や使い方、食べ物や飲み物のこぼした跡がないかなど、きれいに裏返すにはさまざまなチェックポイントがあります。また、裏返し工事の際に、不織布などの機能シートを入れることでダニの発生を防ぐこともできます。

 

畳の裏返しは個人でおこなうことが難しい部分でもあるため、畳の裏返しは業者に依頼するのが一番でしょう。こちらでは畳の張り替えを承っています。見積りは無料ですのでまずはお見積もりしてみてから考えてみるのもよいかもしれません。こちらは24時間ご相談受け付けしておりますのでお気軽にご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

畳の裏返しを業者に依頼すると

畳の裏返しを業者に依頼したとき、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、畳の裏返しを業者に依頼したときの基本料金と計算方法、畳の裏返しの費用を低く抑えるためのポイントを紹介します。

 

畳の裏返しを依頼したときの料金

畳の裏返しを業者に依頼すると

畳の裏返しで新調しなくてはならない部分は畳縁の部分のみです。畳床、畳表は既存のものをそのまま使用するため、畳の張り替えの中では比較的安価に済ませることができます。畳表替えとは3倍以上も値段が違ってくるのです。まだ新しく、日焼け、色あせ程度の傷み具合であれば新調せずに畳を裏返すだけで価格を抑えてきれいな状態に戻すことができます。

 

畳の裏返し料金を安くおさえるためには

畳縁代はリフォーム費用に含まれている場合が多いため業者側が用意しているものから選ぶのであれば追加料金は発生しませんが、畳縁にもさまざまなものがあるため、オリジナルの畳縁であったり品質が良い畳縁であったりする場合は1枚ごとに追加料金が発生する場合があります。

 

できるだけ畳の裏返しの費用を低く抑えるためには、複数の業者を比較することが大切です。業者によって裏返しの料金が違うことが多々あるからです。取り扱っている畳縁のグレードにもよると思いますが、基本料金が安くても家具の移動や掃除などで追加料金が発生する場合もあります。畳の裏返しを検討する際は、詳細な見積もりをもらい、複数の業者をよく見比べてから依頼することをおすすめします。

 

畳の裏返しはまずはお見積もりから

畳の裏返しをおこなうことによって、畳表面の汚れや傷を隠すだけでなく再びきれいな状態で畳を使用することができます。しかし、畳の張り替えは昔から職人がおこなっていた作業です。そのため、自身での裏返し作業は推奨できません。畳の裏返しをおこなう際は、きちんと業者に依頼してやってもらうようにしましょう。

 

こちらでは業者へ畳の裏返しを依頼することができます。もちろん無料でお見積もりすることも可能ですので、畳の裏返しにお困りの際は、お気軽にご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼