襖の張り替え方法と張り替えるメリット

襖は和室の入口や仕切りとして使用されている建具です。
襖には多種多様な絵柄や色彩があり、好みに合わせて使用することができますが、破れてたり汚れたりすることがあります。

そんな時には襖の表替えや張り替えなどで破れや汚れをリセットすることができます。
このページでは、襖の張り替え方法と、張り替えることのメリットをご紹介します。

襖の張り替え方法と張り替えるメリット

襖紙にはたくさんの種類があります

襖紙にはたくさんの種類があります

市松模様や木目調などお部屋の雰囲気に合わせて自由に襖紙を選べます。
襖紙見本帳で様々な襖紙を見ることができますが、その種類の多さに驚いてしまう方もいるようです。また、襖紙というと全て紙であると思われがちですが、実は紙だけではありません。

襖紙を大きく分類すると、和紙襖紙と織物襖紙の2種類になります。

和紙

植物の繊維など和材料から製造されている日本製の紙です。和紙加工によって、雲や雪に似た模様を入れることができます。

織物紙

綿、麻、レーヨンなどの糸を縦横に織り上げて製造されていて、紙ではなく布になります。糸入り紙、糸入り織物調襖紙と呼ばれることもあります。

次に、和紙と織物紙、それぞれどのようなものがあるのか見ていきましょう。

和紙と模様

鳥の子紙

色が鶏の卵に似ていることからこの名前となりました。手漉き(てすき)のものを「本鳥の子」、機械漉き(きかいすき)のものを「鳥の子」と呼び区別します。本鳥の子紙は高級和紙の代名詞にもなっています

鳥の子紙

雲竜紙

手ちぎりなどした長い繊維を混ぜて漉いたものです。長い繊維が雲の形に見える模様を描いています。繊維にはこうぞ、麻、絹糸、ガラス繊維が用いられます。

雲竜紙

雲華紙

和紙に雪のような小さな模様がいくつもあるのが特徴です。押し入れの裏側など裏紙として多くの方が目にしているものです。

雲華紙

織物紙の種類

並級織物加工紙

輪転機、オフセットなどの印刷機械によって絵柄が施されています。織物紙の中では安価なもので業務用襖として使用されることもあります。

並級織物加工紙

上質織物加工紙

手加工、最新印刷技術で施された上品でモダンな絵柄が多く用意されています。並級よりも糸目が細かく肌触りも良くなります。

上質織物加工紙

高級織物加工紙

豊かな色彩と格調高い金属装飾が多く用いられており、糸入り高級織物紙とも呼ばれます。糸目が細かく、無地であっても高級感があります。

高級織物加工紙

このような和紙、織物紙が広く使用されています。長く使用する間に汚れや破損が起こり、修繕が必要となります。また、襖の張り替えは裏表行うのが望ましく、両面襖サイズの襖紙が必要です。
木の枠が反っているなど傷みが激しい場合には本体ごと襖新調する方法もあります。

ページトップへ

意外と難しい!?襖の張り替え

意外と難しい!?襖の張り替え

一見簡単そうに見える襖の張替え作業ですが、襖紙の寸法やのりの分量を間違えてしまうと、襖が反ってしまい、開閉し辛くなってしまいます。
天気や風土によって寸法や分量は左右されますので、張り替えには十分な知識や経験が必要になります。熟練の技を持った業者だからこそ美しく仕上げることができるのです。

近年ではスチームアイロンを使用して張れる襖紙、裏側にのり加工されていてシールのように張れる襖紙もありますが、下地の種類によっては襖同士が当たって干渉してしまう場合もありますので気をつけなければなりません。失敗なく美しい襖に張り替えることが業者利用の大きな特徴と言えます。

ページトップへ

襖の張り替えにはメリットがあります

襖の張り替えにはメリットがあります

ついつい後回しにしてしまいがちな襖の張り替えですが、定期的に行うことで得られるのはただ新しくなるというだけではありません。その他のメリットについてご紹介します。

【襖の張り替えで得られるメリット】

調湿機能の低下防止

湿度の高さによって、湿気を吸収、または吐き出すことで室内の湿度調節を行います。
ハウスダストを吸着する作用もあるので、アレルギー対策としての効果も期待できます。

お部屋のイメージチェンジ

種類の異なる襖紙に張り替えることで、お部屋のイメージをガラッと変えることもできます。

長く使用できる丈夫な襖になる

和紙から織物紙にすることでシミなどの汚れ防止にもなり、キレイな襖を維持することができます。

和室から洋室に変わっても使用できる

プラスチック製壁紙、ビニールクロスをベニヤ板に張った戸襖(板襖)であれば、和室から洋室にリフォームした場合にも使用できます。

ページトップへ

【まとめ】

襖は張り替えることで長く美しく使用でき、その性能を維持することもできます。
種類も多くあるため、その中から費用を最小限に抑えて張り替えるということも可能です。
和室と洋室を仕切るのに、片面は襖紙、もう片面は洋風デザインのクロスを張ることもできます。

しかし、好みやイメージにピッタリの襖を見つけても、張り替えに失敗してしまっては費用も時間も無駄になってしまうため、やはり業者にお願いすることが良い方法になるでしょう。

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼