受付対応!
日本全国の網戸、襖、畳、障子を受付対応中! ご都合のいい日時にスピード張り替え!! お見積り後の追加料金一切なし/材料・作業費込み 安心の明朗会計2,500円~
網戸 襖 畳 障子 お電話1本でスピード対応いたします メールで無料相談

お電話が繋がりやすくなっております

皆様からご支持をいただき張り替え110番は3冠達成! 顧客満足度No.1 到着スピードNo.1 価格満足度No.1

材料費と作業費込みでこの価格 分かりやすい価格設定

畳、襖、障子、網戸など様々な商品・ランクがございますので、お客様のこだわりをお伝えください。例えば一概に畳と言っても、長期間使うにあたり、各生産地で畳自身の耐久性や色の変わり方も異なります。ご希望に沿った畳、襖、障子、網戸など張り替えをご希望の商品を見立てご提案させていただきますので、ぜひご相談ください。

網戸 襖 畳 障子 張り替えのことならお任せください! メールで無料相談

お電話がつながりやすくなっています。

でご好評!

張り替え110番が選ばれている4つの理由

  • 理由1 相談・見積り・家具の移動無料

    張り替え110番では24時間365日
    畳・襖・障子等の張替えや
    畳替えの料金などの様々なご相
    談を無料で承っております。お
    見積りのご依頼だけでなく、
    畳替えやその他網戸や障子の張替えに関する相談事、質問などございましたらお気軽にお電話ください。

  • 理由2 土日対応可 24時間365日受付

    24時間365日畳・襖・障子等
    の張替えや畳替えの料金などの
    様々なご相談を承っております。
    お見積りのご依頼だけでなく、
    畳替えやその他網戸や障子の張
    替えに関する相談事、質問などございましたらお気軽にお電話ください。

  • 理由3 累計お問合せ件数100万件

    年間多くの畳や襖、障子、網
    戸などの張り替えに対応していま
    す。畳替えなどのご相談やお見積
    りなどございましたら、畳替え・
    その他実績の豊富なスタ
    ッフがお客様にご納得いただけるまで対応いたします。

  • 理由4 お客様満足度98%

    張り替え110番をご利用のお客様
    からは「満足のいく良い畳替え
    サービスだった」「畳や網戸、ふ
    すまの張替えも丁寧に対応して
    もらった」など高いご評価を日
    々頂戴しております。これからも良い畳替え等張替えサービスの提供に努めてまいります。

※1 実査委託先楽天リサーチ ※2 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

まずはスピーディーな無料現地調査で現状を把握!

疑問点やご相談もお気軽に! 無料調査から完了までの流れ

  • 作業の確定イメージ
  • STEP01 作業の確定

    お客様のご都合に合わせます

    土日しか空いてない、平日の朝に対応して欲しいなどご要望がございましたらお申し付けください。お客様のご希望に合わせてスケジュールを組ませていただきます。

  • 作業の開始イメージ
  • STEP02 作業の開始

    プロのスタッフがお伺いします

    作業の日は「張り替え110番」のスタッフがお部屋にお伺いいたします。作業中でも、疑問点やご相談などございましたら、お気軽にお声掛けください。張り替えのプロのスタッフが誠心誠意対応させていただきます。

  • お支払いイメージ
  • STEP03 お支払い

    現場を確認後に代金お支払い

    張り替えが終わりましたら、お支払いをしていただきます。作業後もご質問やご相談などございましたら、いつでもお問い合わせください。

現金・各種クレジットカードのご利用が可能です。

クレジットカードロゴ ※手数料がかかる場合がございます。 ※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます。

畳表替えや畳を全て取り替えたい、ふすまや障子、網戸が破れてみっともないとお悩みのお客様や、ふすま・障子・網戸などを張り替えたいとお悩みのお客様はいつでも張り替え110番にご相談ください。
24時間365日ご相談のお電話を承っておりますので、畳替えについて料金が気になる…、畳の張り替えって結局どんなことするのといったお悩みをお気軽にお尋ねください。
実際に畳、障子、ふすまや網戸の様子を見てほしいという方には、無料お問い合わせからご依頼ください。当社スタッフが現地までお伺いし、実際に畳の様子や、ふすま・網戸・障子の調査などをさせていただき、その場で畳替え等のお見積りをご提示させていただきます。
その後、畳の張り替えを実際にご依頼するかどうかご検討いただきます。その際に畳の張り替えをご依頼されなくても、キャンセル料や出張費などは一切頂きませんので、安心してご相談ください。

お客様の声 おかげさまで皆様からご好評いただいております

たくさんのお客様から高い評価をいただいております。畳やふすま、障子、網戸などの張り替えはぜひ張り替え110番にご相談ください。畳替えはもちろん、床やクロスなど家中お任せください!

詳しくみる

畳の張替えと言えど、料金や畳替えの施工時間などよく分からないというご質問をよくいただきます。そのようなたくさんのお客様が気になる点についてQ&A方式でご紹介しております。畳の種類や、どういった畳に張り替えた方が良いのか、畳以外にも障子やふすま、網戸、壁紙など対応しているのか、畳替えの流れなど、こちらでもお応えしておりますので、ぜひご参照ください。

ご利用傾向の一例

畳・ふすま・障子・網戸・クロスなどお客様によって張替えたいところは様々です。しかし、「畳の張替えってどうすればいいのかわからない・・・」「子供が生まれたのでアレルギーに優しい畳にしたい」などお悩みの方も多いのではないでしょうか。ここでは、実際に張り替え110番をご利用いただいたお客様が、畳や網戸などの張替えの際にご依頼いただいた内容をご紹介します。

網戸 襖 畳 障子 張り替えのことならお任せください! メールで無料相談

お電話がつながりやすくなっています。

お役立ち情報

当サイトでは、畳の張替えやその他障子・網戸・クロスの張替えのご相談を受け付けております。その中で、お客様にお伝えしたい畳替えやふすまの張替えなどのちょっとしたお役立ち情報をここでお届けしております。ふすま・障子・網戸・畳はもちろんのこと、床やクロスなどのご依頼もお任せください!

畳の張り替えとは畳は、汚れや日焼けなどの劣化に伴いメンテナンスし、畳替えする必要があります。畳の張り替えでよく目にする表替えというのは、畳の表面に張られている畳表を新調するサービスのことです。通常は畳を新調してから3年ほどで畳表を裏返し、5年ほどで表替え、10年でまた新調します。畳の表面がよれていたり、しわになっていたりする場合は、畳表替えのタイミングといってもよいでしょう。
畳替えしたい理由は、古さであったり、カビやダニなどであったり様々かと思います。畳表と畳床の取り替えも全体的な畳替えも、ご依頼があれば日本全国どこでも受付対応いたします。もちろん、ふすまや障子、網戸などお気軽にご相談ください。畳替えについてのお問い合わせも歓迎です。
張り替え110番では、リーズナブルな畳から、高級な畳までご用意しております。また、新しい家族が増えたことで、畳に求める耐久性や見た目など、畳にはこだわりたいというお客様へご希望に沿った畳や畳替えの方法などをご提案いたします。
畳だけでなく、障子や網戸が破れたままで見た目が良くないから早く格安でやってほしいといったご依頼や、畳替えと網戸の張り替えも同時にお願いしたいけど、畳替えにどのくらいの時間がかかるか分からないから教えてほしいなど、畳や障子・網戸・床など張り替えたいところがあると思われた方はぜひ一度ご相談ください。

対応エリア 24時間365日、年中無休で受付しております

網戸 襖 畳 障子 張り替えのことならお任せください! メールで無料相談

お電話がつながりやすくなっています。

張り替え110番の更新情報

畳替えのタイミングはいつ?畳の張り替えはどうやるの?

どのタイミングで畳を張り替えるべきかは、生活環境や使用頻度なども関わるため、中々判断に困るところではあります。また、一般家庭では畳の上に家具を置く場合もあり、ヘコみなども気になるところです。実は畳張り替えの目安となる時期やサインが存在するのです。

ここでは、畳の張り替えが必要なタイミングと張り替えの流れについて、続けてご説明いたします。

張り替えの目安・サイン

  • 畳を使って何年か経った時
  • 畳表の退色や色合いが悪い時
  • 光沢感が無くなった時
  • シミや焦げなど傷みが気になる時
  • カビや雑菌が発生した時
  • 手触りが悪いと感じた時
  • ダニ駆除が必要な時
  • 動物臭が取れない時 など

畳の張り替え作業手順

経年数3~5年 「裏返し」

畳表の表裏を入れ替えて張り直す作業で、既存畳をそのまま使用しますが、畳縁は新しいものと交換します。

経年数4~8年 「畳表替え」

畳床はそのままで、畳表のみ新調します。

新畳

畳をまるごと新しいものと交換します。
技術的作業が困難な場合や古くなった畳の場合は、新畳をおすすめします。
※既存畳の処分方法については、業者に頼むか自治体による回収があります。
事前に畳処分費を確認しておきましょう。

業者によるふすまの張り替え方法とは?

ふすまの張替えは劣化や破れたことなどがきっかけで行います。張替えサインが見られたら、検討していきましょう。張替えるには、新しいふすま紙、専用のり、ハケといった比較的扱いやすい資材、道具を使用します。張替え業者が行うふすま紙の外し方や張り方について、基本的な手順を5つに分けてご紹介します。

張り替えの目安・サイン

  • 10年以上ふすまの張替えをしていない時
  • シミやカビが見られるようになった時
  • たるみやシワが気になるようになった時
  • ふすま紙が剥がれた・敗れてしまった時
  • ふすま紙の色が茶色っぽくなってしまった時
  • 新しいふすま紙に変えることで気分を変えたい時 など

STEP1 : ふすま縁(襖枠)と引手部分を外す

まずはふすま縁を外していく作業からはじめていきます。バールの刃をふすまと枠の間に差し込み、外します。縁に番号や記号を書いておくことで、後の作業が楽になります。引手の内側にクギ止めがしてある場合は、引手用鋲抜きを使用して刃先をふすまとのすき間に差し込み持ち上げ、浮いてきたクギを抜きます。

arrow

STEP2 : 下張りの処理

界面活性剤(洗剤)の希釈液を染み込ませて、下張りを剥がします。無理に剥がそうとすると、ふすま自体が壊れてしまうことがあるので、丁寧に作業をするのが大切です。板面に残ってしまった下張りはサンドペーパーなどでこすり落とし、キレイになったら新規下地紙として茶ちり紙を張ります。
※戸襖洗いと呼ぶこともあります。

arrow

STEP3 : ふすま紙の裁断とのり付け

新しいふすま紙を柄合わせし、丈、巾に合わせてカットします。ふすま紙の裏面に水を塗り、ベタベタにならないようハケで表面をならします。ハケはまっすぐ奥から手前ではなく少し斜めに引きます。次にのりバケ、のり用トレイを使用してのりを塗ります。ふすま紙の隅は濃いのりを付けることがポイントになります。
※木工用ボンドは乾くと水に溶けなくなり次の張り替えの時作業が難しくなるため、必ず襖紙・障子紙専用のりを使用します。

arrow

STEP4 : ふすま紙を張り空気むらをなくす

2人1組でふすまを持ち、ふすま紙の上に本体をのせます。そっと置くことで、襖自体の重みで新しいふすま紙がのり止めされます。その後、ふすま紙と一緒に持ち上げてひっくり返します。ふすま紙の上を中央から外に向かってハケで軽くなで、空気むらをなくしていきます。
※多少のシワやたるみは乾燥後にキレイになります。ただし室内の温度、湿度によって乾く時間が変わるため、注意が必要です。

arrow

STEP5 : 縁の処理と縁付け

のりが乾いたら最後の作業にとりかかります。まずは引手の取り付けです。引手箇所に切込みを入れたら引手を取り付け、クギ穴が上下になるようにしてクギ止めします。
最後はふすま縁のはめ込み作業です。縁に書いた番号や記号を頼りにしながら、まずは上下の枠、次に左右の枠をはめ込みます。枠を傷つけてしまいそうなときは木片を当ててクギを打ち込みます。

障子の張り替えは意外と難しい!正しい手順とは

障子の張り替えに必要になる道具はカッターやハケなど特別なものではないので、障子が破れてしまったため自分で張り替える、ということ自体は可能です。ですが、一般的な和紙の障子は張り替えが思っているよりも難しいため、失敗してしまうということも。

例えば、刃物を使用するため怪我の危険があります。
また、張り方にはコツがあり、障子施工用具を使用しなければしわやたるみなどにも繋がりかねません。では、張り替え業者で行っている一般的な和紙を使用した障子の張り替え方法とはどのようなものでしょうか。

STEP1 : 古い障子紙を外す

まずは、敷居から障子本体を外します。そして、既存の障子紙を剥がします。
剥がし方としては、障子紙はのり付けされていますので、接着部分に障子剥がし液を塗ってゆっくりと剥がします。障子紙やのりのカスが付着していればヤスリなどで取り除きます。
※霧吹きを使って水分を含ませても剥がれますが、剥がし液を使ったほうが簡単に、よりキレイに剥がれます。

arrow

STEP2 : 障子紙を仮止めする

次に、タオルや布で桟の水分をきれいに拭き取ります。
そして、段差のないところに障子枠を置き、天側から地側に向かって障子紙を張っていきます。
上枠にテープで2~4箇所固定して障子紙を半分ほど広げます。
この時、障子紙のロール部分の外側が接着面になっているか裏表を確認して仮止めします。

arrow

STEP3 : ノリをつける

障子の桟の部分にのりを塗ります。
仮止めしてあるテープが外れないように注意して、障子紙をめくります。縦横の枠線上にのりを均等に塗っていきます。のりは、水とのりを混ぜて作成しのりバケを使って塗るか、チューブタイプののりを使用します。

arrow

STEP4 : 余分な障子紙を切る

のりを桟全面に塗った後、障子紙を広げ、桟の部分を軽く手で押さえます。
余分な部分は障子紙用カッターで切り落とします。この時、障子の外枠の内側に段差部分(紙じゃくり)のある障子の場合はそれに合わせて不要部分を切断します。一部生じるしわやたるみなどには注意が必要です。のりの乾き方は天気などで変わってくるため扱いにも注意します。

業者が行う網戸の張り替え!

網戸の張り替えでは周囲の壁や床などに傷がつかないように配慮しながら作業します。
特殊な工具はほとんど使いませんが、きちんと補修すれば虫の侵入を防げます。具体的にどのような工程を経ているのか、ご紹介いたします。

STEP1: 古い網戸を外す

  • マイナスドライバーで網押さえゴムの先端を引き出し、ゴムと古い網を回収する。
  • サッシの溝をブラシで掃除する。
  • 新しい網をサッシより大きめに切り取り、クリップで仮止めしておく。

arrow

STEP2: ゴムで網を押さえる

  • ローラーを使い、片側の短い辺から外周に沿ってゴムを内側からフレームに押し込む。
  • 網目と桟のラインが平行になるように注意し、網がたるまないように引っ張りながら作業する。
    四隅はローラーの反対側の爪を使って押し込む。
  • 一周したところで、余ったゴムをカットして押し込む。

arrow

STEP3: 余分な網を切る

  • 網がたるんでいないか確認して、カッターで余った網をカットする。

※隅は切り方が難しいですが、業者の作業ではゴムの根元あたりからカットするなどの工夫をしているため、綺麗に仕上げてもらえます。

内装業者でも網戸の張り替えを工事内容にしている業者がいます。網戸の張り替えでしたら工期もかかりません。