畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 畳が腐る・カビが生えたときの原因と対処法|フローリングで完全予防

2020.03.04更新

畳が腐る・カビが生えたときの原因と対処法|フローリングで完全予防

畳が腐る、またはカビが生えるときは「掃除」と「換気」をおこない、畳が腐りにくい環境にしましょう。なぜなら、畳は湿気とホコリを吸収しやすく、それらが原因で腐ってしまうからです。

当記事では、畳が腐る原因とその予防法、そして腐ってしまったときの張り替えについて解説していきます。畳が腐ってしまいお困りの方や、畳が腐らないように対策したい方はぜひ参考にしてみてください。

畳が腐るのはイ草の性質が関係している!

畳が腐るのは、畳に使用されているイ草の性質が関係しているからです。イ草は調湿の効果をもっており、湿気があると吸収し、乾燥すると放湿する特徴があります。そして、空気中の匂いやホコリも吸収・付着するのです。

この畳の性質は、日本の気候を快適に過ごすための知恵として活用されてきました。しかし、高多湿の時期が続くと、湿気を吸収し続けてしまい、畳が腐ってカビが発生してしまうのです。

カビが発生する条件

カビが発生する条件

カビは高温多湿で、汚れが蓄積される場所に発生・繁殖します。とくに「湿度が70%以上」になると、カビが生えやすいです。カビは一般的に0℃~40℃の温度で発生します。活発的に活動をするのは20℃~30℃です。そのため、日本の全土でカビが発生するといえるでしょう。

そして、カビはホコリや人間の垢や皮脂などの汚れを養分にしています。そのため、裸足で畳を歩いたり、ホコリが溜まったりすることがカビの繁殖原因になるのです。

畳が腐る原因と条件

畳の性質上、条件が重なると腐ったりカビが生えやすくなったりします。では、どういったときに畳が腐ったりカビが生えたりするのか、具体的に原因と条件を紹介していきましょう。

家にいないなどの理由で、和室を閉め切っている

高温多湿の時期でも換気をこまめにおこなえば、畳が腐ったりカビが生えたりすることはありません。しかし、共働きや一人暮らしなどで常に閉め切っている方もいるでしょう。換気を怠ると空気がこもり、カビにとって過ごしやすい好条件となってしまいます。

畳が新しい

畳が新しいと、イ草の性能が十分に発揮されるようになります。新しい畳ほど湿気や匂い、ゴミを吸収する力が強いです。つまり、新しい畳は湿気を吸いすぎてしまうため、腐りやカビの原因に繋がります。

風通りが悪く日差しが当たらない

間取りの関係上、風通しが悪く日差しが当たらない位置に和室がある場合、畳が腐りやすくカビが発生しやすいです。また、和室においてあるタンスが風通しを悪くしていることもあります。

畳の上に敷物を敷いている

畳の上に敷物を敷いていると畳の通気性が悪くなり、腐りやカビの発生原因になります。敷物だけではなく、布団を敷きっぱなしにしておくのも発生しやすい原因です。畳に布団を敷いて寝ている場合は、起きたらそのままにせずに畳んで片づけるようにしましょう。

ヒーターや加湿器を多用している

冬の時期は温度が低く乾燥しやすいため、ヒーターをつけたり加湿器をつけたりすることがあるでしょう。和室でヒーターや加湿器を多用すると、カビが活発に活動する温度に保たれます。和室を快適な室温に保つことは、カビにとって快適な環境をつくることになるのです。

畳が腐ることやカビが発生するのを防ぎたいなら、高温多湿を避け、畳を清潔に保つことが重要です。畳にカビが生えないようにする対策方法は、後ほどご紹介いたします。

畳の腐りやカビが酷いなら張り替えを

畳の腐りやカビが酷いなら、張り替えることをおすすめします。畳が腐ると見栄えが悪くなるだけでなく、ダニやカビも発生するようになるからです。

ダニやカビが発生し、繁殖するようになるとアレルギーを引き起こすことがあります。肺にカビが入ることで、喘息などの病気にかかることも考えられるでしょう。そのため、畳が腐ってしまったら健康に被害をもたらすことがあるため、張り替えるのがおすすめです。

とりあえず畳張り替えの話だけでも聞きたい方は、弊社へご相談ください。弊社では、畳の張り替えをおこなっている業者をご紹介しております。24時間365日、業者紹介の受付をおこなっておりますので、ご都合のよいときにご連絡ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-501 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

畳が腐った・カビが発生したときの対処法

畳が腐ったりカビが発生したりしたときは、「換気」と「掃除」で対処することができます。ここではくわしい対処法について、紹介していきます。

まずは換気をしよう

まずは換気をしよう

畳が腐ったり、カビが発生したりしたときは、まず換気をしましょう。換気をおこなうことで、カビが発生しにくい環境にすることができます。

まずは部屋の窓を開け、風通しをよくしましょう。換気をしようにも窓だけでは十分に換気できない場合は、クーラーや扇風機を畳に向けて湿気が取れるようにしてください。

掃除の手順

畳が腐った・カビが生えたときの掃除方法を解説していきます。まずは、掃除に必要な道具をそろえましょう。畳のカビ掃除に必要な道具と手順は以下のとおりです。

【必要な道具】

  • マスク
  • 目地ブラシ
  • ゴム手袋
  • エタノール
  • ドライシート
  • 乾いたぞうきん
  • 酢(黒酢など色が濃くないもの)

【手順】

1.ドライシートやホウキ、掃除機を使って、畳の目に沿って軽く掃除する
2.目地ブラシを使って、編み目に入りこんだカビをこする
3.乾いたぞうきんでふき取る
4.スプレーに入れたエタノールを吹きかけ、除菌する
5.畳の臭いが気になるところにスプレーに入れた酢をかけ乾いたぞうきんで拭く
6.畳を扇風機や除湿器を使ったり、陰干ししたりして乾燥させる

畳を掃除するときは、目に沿っておこなうのが基本です。目と反対方向に掃除をすると、畳が傷づいたり編み目にホコリが入り込んだりします。また、襖のレールにもホコリやゴミが溜まりやすいので、そこも掃除しておきましょう。

こんな掃除方法には注意

畳を掃除するときに、やってはいけないことが3つあります。間違った掃除をすると、状況が悪化したり、見栄えが悪くなったりするので気をつけましょう。やってはいけない畳の掃除方法は以下のとおりです。

・重曹の使用
重曹は、アルカリ性でできています。そのアルカリ性が、イ草の天然成分を黄ばませる成分を含んでいるのです。畳がキレイになると思って使用すると、畳が黄ばんでもとに戻らなくなるので注意しましょう。また、畳の中に重曹が残ると、黒ずみの原因になることもあるのです。

・水拭き
濡れた雑巾やウェットシートを使って掃除するのはよくありません。畳に水分を与えてしまうと、腐りやカビを悪化させてしまうからです。畳掃除では乾いたぞうきんや布、ドライシートを使って掃除をしましょう。

・カビを叩く
発生したカビを叩いて浮き上がらせることはしてはいけません。カビの胞子は舞い上がりやすいため、叩くと部屋中にカビの胞子をばらまくことになります。

畳が腐った・カビが生えた状況を改善したいなら、上記で紹介した掃除方法ではおこなわないようにしましょう。畳の腐りやカビの状態が酷くなると、そのぶん掃除が大変になり、修繕費用も高くなります。

掃除してもキレイにならないなら……

ご紹介した畳の掃除方法は、軽度の場合であればキレイにすることができます。掃除をしてもキレイにならない場合は、畳の状況が深刻かもしれません。そのまま放置しておくと、畳の腐る範囲が大きくなったり、カビが大量に繁殖したりするでしょう。

畳が全部だめになってから張り替えるよりも、被害のある一畳だけ張り替える方が費用を安く抑えることができます。畳の張り替えをご希望なら弊社へご相談ください。弊社では、畳の張り替えをおこなっている業者を紹介しております。

リーズナブルな畳から高級な畳まで、要望にあった畳を交換してくれる業者を見つけることができます。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-501 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

畳が腐るのを防ぐ対策

一度、畳が腐ったりカビが生えてしまったりしたら、部屋の除湿と掃除をしましょう。湿気を取り除き、掃除をすることが畳を腐るのを防ぐ対策になります。ここでは、畳が腐るのを防ぐ具体的な対策方法を以下にまとめました。

・風通しをよくする
畳の上にカーペットや布団を敷きっぱなしにして、湿気がこもらないようにしましょう。また、こまめに換気をして通気性を保つようにしてください。扇風機や除湿器を使うのもおすすめです。

・畳を定期的に掃除する
畳を日ごろから掃除をすることで、腐りやカビを対策することができます。掃除機やホウキを使って、畳の目に沿って掃除をしましょう。ホコリや皮脂・垢をキレイに取り除き、カビの発生を防ぎます。

・畳をフローリングにリフォームする
畳のお手入れする暇がない、手間をかけられないなら、フローリングにリフォームするのがおすすめです。フローリングにすれば、畳を敷いていたときよりも腐りやカビの発生を抑制することができます。

ただし部屋の環境によっては、フローリングでもカビが生えてしまうこともあるので注意しましょう。

畳が腐るのを防ぐには「換気」と「掃除」が大切です。もし、畳の手入れをする時間がなかったり、煩わしいと感じたりするなら、フローリングにリフォームして完全に対策するのもおすすめです。

こんなサインが現れたら畳を張り替えよう

こんなサインが現れたら畳を張り替えよう

畳が腐らないように手入れをしていても、だんだん劣化していきます。どのタイミングで畳を張り替えるのがいいのか迷う方もいるでしょう。畳を張り替えるタイミングをご紹介していきます。

・音がする
畳がミシミシと音がなるようになったら、張り替えのタイミングです。ミシミシと音がなるのは、畳床に限界がきているサインになります。音がするだけでなく、畳の上を歩くと沈む感覚がある場合も、張り替えるのがおすすめです。

・水をこぼした
畳に大量の水をこぼすと、畳床まで水浸しになります。床材の中でも、もっとも水を嫌うのが畳です。畳が大量の水を含むと確実に腐り、ダニやカビの発生原因となります。

・アレルギーが出た
和室で過ごしているとかゆくなったり、くしゃみがとまらなかったりするならアレルギー反応が出ているかもしれません。畳は通気性が悪く湿度が高いと、腐りやすく、ダニやカビが発生するようになります。

アレルギー反応が出始めたら、畳にダニやカビが発生しているかもしれません。アレルギー問題を確実に解決するには畳を張り替えるのがおすすめです。

畳は定期的に換気をおこなうことでカビが生えにくくなります。しかし、日本の気候や環境によっては、どうしても畳が傷んでしまうことでしょう。そのまま畳を使い続けていると、カビによって健康を害することになるため、交換や張り替えをおすすめします。

弊社では畳交換に対応している業者を紹介しています。数ある業者の中から、自分にあった業者を見つけたいならお気軽にご相談ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-501 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
利用規約プライバシーポリシー
張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。