畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 猫は障子を破るもの?すぐできる対処グッズと効果的な障子をご紹介

2019.02.12更新

猫は障子を破るもの?すぐできる対処グッズと効果的な障子をご紹介

猫は障子を破るもの?すぐできる対処グッズと効果的な障子をご紹介

 

猫が障子を破ってしまったという悩みは、猫を飼っているかたならよくあるのではないでしょうか?ネット上では、猫が障子を破る写真や動画がたくさんあります。猫を飼っていなかったり家に障子のないかたなら、それはとてもかわいらしい内容にみえます。

 

しかし、猫を飼っていて障子を破かれたことのあるかたなら、やめてほしい!と見ているだけでゾッとするものです。今回は、そんな悩みをお持ちのかたに、障子を破られないための対策をご紹介します。

 

また、これから猫を飼いたいとお思いのかたや、障子のDIYに興味のあるかたも、猫の習性やDIYの知識を知ることができますので、ご一読いただけたら幸いです。

 

 

なぜ猫は障子が大好きなの?

猫は障子が嫌いだからという理由で破くわけでなく、むしろ好きであったり、遊びたいという気持ちのせいで破いてしまうのです。それでは、なぜ猫は障子が好きなのか、理由を説明します。

 

破るのは遊びのひとつ

障子をひっかいたときの感覚や障子を破る音は、猫にとってはとても楽しいもの。その楽しい感覚を覚えてしまった猫にとって、いくら新しい障子を張り替えても、また遊び道具として使ってしまうのです。

 

紙の音が気になる

猫は紙のカサカサした音が大好きです。その理由は、紙の音の周波数が猫の気になる音にあてはまるからです。紙は触ったりひっかくたびにガサガサ音を立てますよね。それが猫には楽しいと感じてしまうのです。

 

好奇心!

ただ単に破くことが楽しいだけでなく、障子の向こう側に何があるのかが気になって破くケースもあります。また、猫には動くものを追いかける性質があり、追いかけているうちに障子を破ってしまったというケースもあります。

 

 

 

猫から障子を守るために…ネコグッズを設置

猫から障子を守るために…ネコグッズを設置

 

猫に障子破りをやめてほしい。ただ、言葉が通じない動物はしつけが難しい。そんなかたのために、猫専用のグッズを紹介します。

 

爪とぎ

猫が障子を破る理由のひとつとして、爪とぎがあります。猫が爪とぎをする理由は、爪のケアやストレス解消などになります。爪とぎ対策としては、爪とぎ防止スプレーを障子に吹きかけたり、爪とぎ用のダンボールやポールを室内に置くことで防げます。

 

キャットタワー

キャットタワーとは、ポールのようなものの上に猫の住み家を置いたものです。猫が高いところに登る習性があります。また高いところや低いところを行き来することが運動になり、猫のストレス発散になります。

 

また、キャットタワーには爪とぎがついているものもあり、キャットタワー内で爪とぎをさせれば障子でやることも少なくなります。

 

 

 

期待できる対処法!障子にワザあり

爪とぎなどの対策を行ったけど、猫が移動するだけでも障子が破けてしまう。そんなときは、障子そのものを工夫することで猫が障子を破るケースを減らせます。

 

ダンボールやアクリル板を貼る

障子にダンボールやアクリル板を張り付けることで、猫の侵入を防ぐことができます。ダンボールは見栄えが悪くなってしまいますが、低コストで対策ができます。また、透明なアクリル板にすることで、先のみえないものを破きたいという猫の好奇心を抑えることができます。

 

また、安価でカットしやすいプラスチック製のダンボールを障子代わりにする家庭も増えています。プラスチック製のダンボールは通称プラダンと呼ばれており、ホームセンターや100円均一ショップでも売られています。

 

プラダンは強度が高く水にぬれても大丈夫な性質でとても軽くて扱いやすいですが、カッターやハサミで切るときには普通のダンボールより力がいりますので、ケガにご注意ください。

 

プラスチック障子にする

張り替えに手間や道具が必要となってしまいますが、プラスチック障子は和紙より破れにくいというほかにも、たくさんのメリットがあります。

 

・見た目が和紙と変わらないので、部屋の雰囲気を変えずに済む
・水拭きが可能なので、汚れても拭ける
・UVカット加工しているものもあり、室内の色あせや変色を防止できる
・和紙の障子と比べ、冷暖房効果がアップできる

 

しかし、プラスチック障子は張ったあとのたるみを修正できなかったり、通気性が悪いので部屋に湿気や臭いがこもったり、障子が結露してしまうおそれがあります。

 

強化障子紙にする

強化障子紙とは、その名のとおり強化された障子紙のことです。でんぷんのりで施工されたものや、塩化ビニールで和紙を保護したものなどがあります。強化障子紙の中には防火性のものもあります。

 

しかし、強化障子紙は専用の両面テープで貼るタイプもあるので、お買い上げの際はネットなどで説明をよく読んで使用しましょう。

 

 

 

猫対策!障子の張り替えが気になったかたは…

猫対策!障子の張り替えが気になったかたは…

 

皆さんは、障子を張り替えたことがありますか?この質問で、はいと答えた人は少ないはず。自分で張り替えようと思っても、手間がかかるし、張り替えてるときに猫が障子にいたずらするかも。

 

そんなときは、業者に任せてしまいましょう。そのほうがきれいに、かつ安全に張り替えることができます。

 

障子の張り替えはプロへ相談しよう

最近はDIY女子という言葉が増えDIYに対するハードルが低くなっている一方で、何かを貼ると歪んでしまったり、ものをまっすぐ切れなくてイライラするという失敗談もあります。

 

また、完成したけどいざ使用してみると、壊れたり剥がれてしまった、うまく使えずに買ったほうが余計な時間やお金がかからずに済んだ、というケースもあります。

 

プロに相談すれば、余計な手間を省けてきれいに障子を張り替えることができます。お気軽に相談してみましょう。業者に依頼したいけれども、ちょっとの破れだし電話するのはハードルが高いとお思いのかたは、ネット予約やメールで相談するのも手です。

 

張り替えにかかる費用

業者に頼むって高額になりそうとお思いではありませんか?確かに、業者によっても値段は変わりますが、目安としては3,000円から5,000円で障子の張り替えをしている業者が多いです。

 

ただし、この値段は張り替えのみの値段なので障子紙の種類や出張費によっても値段が加算する可能性があります。

 

信頼できる業者選びのポイント

そもそもどんな業者に頼めばよいのか。業者選びのポイントとしては、まず明確な料金設定を掲げている業者を信頼したほうがよいでしょう。1枚いくらか、早朝や深夜などの追加料金はあるのかをしっかり調べましょう。

 

また、一人暮らしの女性で男性が部屋に上がるのは抵抗があるというかたは、女性スタッフの同行が可能かもチェックしておくとよいですね。障子張り替え業者の中には、女性スタッフが同行可能なものもたくさんあります。

 

張り替えてもらったけど、すぐに障子が変色してしまったり剥がれてしまっては困りますよね。そんな悩みを防ぐために、アフターサービスが充実している業者を選ぶのもよいでしょう。

 

業者の中には、納品してから1か月以内のトラブルに関しては無料で張りなおしてくれたり、迅速に対応してくれるものもあります。具体的なアフターサービスの内容も業者に相談してみるとよいのかもしれません。

 

 

 

まとめ

猫が障子を破ることはよくある話なのに、近年は核家族化や一人暮らしの増加などで、障子のある家に住むお宅が減り障子に対する悩みを共感してくれない人も多くなっているかと思います。

 

一人で悩む前に、まずは業者に打ち明けてみてはいかがでしょうか?業者は障子の張り替えのプロなので、悩みにアドバイスや施工の方法を提唱してくれますよ。

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。