畳替え、網戸・ふすま・障子の事なら張り替え110番 > 最新情報・レポート > 障子紙の種類はこんなにある!張り替えに関するお悩みを解決します!

2013.12.19更新

障子紙の種類はこんなにある!張り替えに関するお悩みを解決します!

障子紙の種類はこんなにある!張り替えに関するお悩みを解決します!

 

障子は日本の伝統的な住宅設備ですが、現代の住宅でも見かけることが多いですよね。和室に限らず、洋室でインテリアとして使用しているという方もいるのではないでしょうか。

 

障子を使用するうえでつきものなのが「障子紙の張り替え」です。こまめに障子紙を張り替えることはなくても、色あせたり破れたりしたときには張り替える必要があるでしょう。

 

とはいえ、いざ張り替えるとなると障子紙の選び方や張り替えの手順など、わからないことが多いことに気づくかもしれません。そのような方のために本コラムでは、障子紙の種類や特徴、障子紙選びや張り替えのポイントについて解説していきます!

 

 

 

障子紙の種類と特徴

障子を張り替えるにあたって、どんな障子紙を選ぶべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。まずは障子紙の種類と、その特徴について見ていきましょう。

 

手すき和紙

手すきの和紙は、一枚一枚が職人の手作業でつくられています。機械すきのものと比べると量産には向いておらず、価格も高めです。しかし、高品質な原料を使用し丁寧につくられているため、丈夫さや風合いのよさは抜群です。

 

【手すき楮(こうぞ)障子紙(楮の含有率が40%以上)】

天然繊維である「楮」は、伝統的に和紙の原料として使用されてきました。この楮をふくむ割合によって、障子紙の性能は異なるのです。楮を40%以上ふくんでいるものは、手すきの障子紙のなかでとくに高品質のものといえるでしょう。

 

【手すき楮(こうぞ)障子紙(楮の含有率が20~40%未満)】

手すき和紙には、楮をふくむ割合が20~40%に満たないものもあります。植物繊維であるパルプなどをふくんでいるため、楮を40%以上ふくむものと比べると強度はやや低いといえます。

 

機械すき和紙

職人による手すきの和紙に比べて、機械すきの和紙は量産に向いているため安価で手に入ります。原料には楮のほか、マニラ麻やパルプなどの植物繊維が使用されていることも多いです。

 

【レーヨン障子紙】

植物繊維であるパルプをおもな原料として、レーヨンを40%以上配合したものが「レーヨン障子紙」です。木材由来の繊維であるレーヨンは、光沢や強度が楮によく似ています。さらに楮よりも安価なため、機械すき和紙の原料としてよく使用されているのです。

 

【パルプ障子紙】

パルプを80%以上使用した「パルプ障子紙」は、もっとも安価に流通している障子紙です。手軽に手に入れることができますが、パルプは繊維が短いため強度も低く、1年ほどで破れやすくなってしまいます。紫外線による劣化も早いため、毎年の張り替えが必要でしょう。

 

プラスチック障子紙

和紙の風合いを残しながら強度を高めたものが「プラスチック障子紙」です。薄い塩化ビニールのシートで和紙をはさむ加工がされており、丈夫で破れにくくなっています。

 

柄や模様が入ったおしゃれな障子紙も人気

最近の障子紙には調光など本来の機能に加えて、お部屋を彩るインテリアとしての役割も求められています。柄や模様が入った障子紙も販売されているので、お部屋の雰囲気にあった障子紙を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

障子紙のサイズと貼り方の種類とは

障子紙のサイズと貼り方の種類とは

 

障子紙の種類は原料だけでなく、サイズによっても違いがあります。枠に貼るときの手順にもかかわってくるので、障子紙を買うときはサイズをよく確認しましょう。

 

障子紙のサイズ

障子紙のサイズとしては、以下の3つの規格が一般的です。同じサイズ名でも販売店によって数値が違うことがあるので、障子紙を選ぶときには注意しましょう。

 

【一枚貼り】

障子枠の全体に貼ることができるサイズの障子紙は「一枚貼り」とよばれます。横幅は、一般的な障子枠の幅におさまる94cmほどです。障子枠2~4枚分の長さが巻き物のようにまとめられており、ひとつの枠ごとに切って使用します。

 

【美濃判】

伝統的な和紙を使用する障子紙は、昔ながらのサイズ規格でつくられているものも少なくありません。規格のひとつである「美濃判」は高さが約28cmで、格子の横1段ずつに貼っていきます。

 

【半紙判】

販売店によっては、美濃判より少し小さな「半紙判」というサイズも取り扱っています。高さが25cm前後なので、買うときには自宅の障子にあうかどうか確認しておきましょう。

 

障子紙の貼り方の種類

障子紙を貼る方法も商品によって異なります。障子の張り替えに慣れていないという方は、簡単に貼ることのできる障子紙を選んではいかがでしょうか。

 

【のり貼り】

障子紙の貼り方としては、のり貼りが一般的でしょう。器のなかで水に溶かすタイプのものは、ハケで障子枠につけていきます。枠からはみ出さず、かといって薄くもなりすぎないよう慎重につけていきましょう。

 

あらかじめ専用の容器にのりが入っているタイプもあります。容器の口を枠に沿わせて簡単にのりをつけることができるので、じょうずにハケを扱う自信がないという方におすすめです。

 

【アイロン貼り】

最近では専用ののりを用意しなくても、アイロンで手軽に接着できる障子紙も増えています。障子紙の片面に、アイロンの熱で溶ける接着樹脂がついているのです。

 

【両面テープ貼り】

のりやアイロンの準備が手間である場合は、障子専用の両面テープも販売されています。植物繊維の障子紙では、いったん貼ったあとのやり直しが難しいため、プラスチック障子紙などの貼りつけで使用しましょう。

 

 

障子紙を選ぶポイント

一見して違いのわかりにくい障子紙も、種類によって機能や特徴が異なります。ふだんの生活環境から、どのような機能の障子紙が必要なのか判断しましょう。

 

部屋の明るさで選ぶ

障子紙を選ぶときは「部屋をどれほどの明るさにしたいのか」という点に注目しましょう。障子は、昼間には日光を取り込み、夜には照明を反射することで部屋の明るさを調整しています。そして、その明るさは障子紙の原料や加工法によって変化するのです。

 

たとえば、化学繊維を原料としている障子紙はあざやかな白色のため、すこしの光でも部屋を明るくします。落ち着いた雰囲気の部屋にしたい場合は、手すきで染色されている障子紙がおすすめです。照明の色との組合せも考えてみましょう。

 

破れにくさで選ぶ

子どもやペットのいるご家庭では、遊んでいる最中などに思いがけず障子紙が破れてしまうこともありますよね。できるだけ丈夫な障子紙を選びたいという方には、プラスチック障子紙をおすすめします。

 

通気性の高いものを選ぶ

窓と同じように部屋と外気をへだてている障子には、結露が発生することもあります。立地などの関係で結露が発生しやすい部屋では、通気性の悪いプラスチック障子紙を使用するのはおすすめできません。

 

貼る・剥がす作業が簡単なものを選ぶ

面倒な障子紙の張り替え作業は、できれば手早く済ませたいですよね。アイロン貼りの可能な障子紙であれば、貼るのも剥がすのも簡単におこなうことができます。

 

 

障子紙を自分で張り替えてみよう:のり貼り障子紙を紹介

障子紙を自分で張り替えてみよう:のり貼り障子紙を紹介

 

気に入った障子紙を選ぶことができたら、さっそく張り替えてみましょう。ここからは、のり貼り障子紙を自分で張り替える方法を紹介していきます。

 

張り替え前の準備

新しい障子紙を貼る前には、古い障子紙を剥がして枠をきれいにしておく必要があります。以下のような手順で、張り替えの準備をしてください。

 

1.張り替え場所を用意する

障子紙の張り替えは、安定した場所に障子を寝かせておこなう必要があります。広めの作業場所を用意して、汚れをふせぐために新聞紙やビニールを敷いておきましょう。

 

2.障子紙剥がしで古い障子紙を剥がす

張り替え場所を確保したら、障子を裏返しにして寝かせてください。続いて、障子紙の貼られている桟に障子紙剥がし剤を塗っていきます。数分ほどおいて、古い障子紙が剥がし剤をしっかりとふくんだら、角のほうからゆっくりと剥がしていきましょう。

 

3.障子枠の桟に残った障子紙を取り除く

桟に残った障子紙や古いのり・剥がし剤の汚れは、ぬれたタオルでふき取りましょう。しつこく残っている障子紙は歯ブラシなどで取り除いてください。その後、障子枠は日陰で十分に乾かし、水分を残さないようにしましょう。

 

基本的なのり貼り障子紙の貼り方

障子枠がしっかりと乾いたら障子紙を貼りつけていきましょう。のり貼り障子紙は、一般的には以下のような手順で貼っていきます。

 

1.障子紙をカットする

まずは、粘着力が弱めのテープで枠の片側に障子紙を仮留めします。巻き物のようになっている障子紙を枠に沿わせてのばし、枠より10cmほど大きめにカットしましょう。カットしたあとの障子紙は、仮留めの位置まで巻きなおしておいてください。

 

2.障子用のりを障子枠の桟につけていく

続いて、障子用のりを桟につけていきましょう。水で溶かすタイプののりは、全体にムラなくつけてください。専用容器に入っているのりでは、押し出しすぎてしまわないよう注意が必要です。

 

3.障子紙を貼る

のりをつけ終えたら、仮留めしていた障子紙を転がしながら貼りつけていきます。貼るときには、桟のうえを軽く手で押さえるようにして、しわ・たるみをつくらないよう注意してください。

 

4.余分な障子紙をカットする

障子紙を枠全体に貼ったら、カッターで余分な障子紙をカットしていきましょう。のりが乾ききっていない状態で切るため、カッターの刃はこまめに交換する必要があります。

 

5.乾かす

貼り終えた障子紙の全体には、霧吹きで軽く水をかけておきましょう。一度水分をふくませてから乾かすことで、障子紙のたるみをふせぐことができるのです。その後、日陰で半日ほど乾かしましょう。

 

障子紙を張り替えるときに押さえておくポイント

障子のあるご家庭でも、毎年のように張り替えをしているという方はあまりいないでしょう。障子の張り替えに適しているのは、どのタイミングなのでしょうか。

 

【障子の張り替え時期の目安は?】

障子の張り替え時期といっても、実際に障子紙が破れたり色あせたりするまではなかなか気づけないですよね。しかし、紫外線や湿気による障子紙の劣化は、張り替えてから5年ほどで始まってしまうのです。

 

障子紙の種類にかかわらず、張り替えは5年ほどを目安におこないましょう。紫外線や湿気の影響だけでなく、ゴミやカビがたまるのをふせぐことにもつながります。

 

【障子紙の張り替えは湿度が高い日がおすすめ】

張り替えの仕上げとして霧吹きをしたように、障子紙は水分をふくませてから乾かすと張りが出ます。そのため障子紙の張り替えは、雨の日や湿度の高い日におこなうのがおすすめです。ただし、天気が回復するまでは乾ききらないため注意しましょう。

 

 

障子紙の張り替えは意外と大変…困ったときはご相談ください

障子紙の張り替えは、コツをつかめば手軽におこなうことができますが、慣れていない方には大変な作業です。もし障子紙がたるんでしまったり、しわができたりしたときには、面倒なやり直しが必要になるかもしれません。

 

しかし、張り替えのプロに依頼すれば、そのような失敗もふせぐことができます。きれいに張り替えをしたいという方だけでなく、障子紙の種類選びに迷っているという方も、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

障子を張り替えるときには、まず障子紙を選ぶことから始めましょう。障子紙の種類は原料やつくり方、機能によってさまざまです。ご自身の生活環境にぴったりなものを選んでください。

 

障子紙を選ぶことができたら、紹介した方法を参考に自力での張り替えに挑戦してみましょう。障子紙をきれいに張り替えるポイントは湿気です。仕上げに霧吹きで水分をふくませたり、湿度の高い日に張り替えたりして、障子に張りをもたせましょう。

 

とはいえ、しわ・たるみをつくらずに障子紙を張り替えるのは、慣れていないと難しいかもしれません。障子紙をきれいに張り替えられる自信がないという方は、張り替えのプロにご相談ください。

 

張り替え110番のサービス料金
  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

  • イメージ

    価格

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。